112

自分たちが最先端のマーケティングを目指す

小池 美香 こいけ みか さん 35歳 (株)ビズリーチ

Pocket

Q.1 今のお仕事内容、そのおもしろさ、難しさ

 

ビジネスマーケティング部のクライアントグロースチームで、お客様へ価値のある体験・情報提供を通じて、LTVの増加を目指して様々なマーケティング活動を行っています。
その中でも、私は、創業事業である即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」をご導入いただいたばかりのお客様のオンボーディングを支援したり、「ビズリーチ」経由での採用成功を増やしていったり、「ビズリーチ」のファンになっていただくためにはどうしたらいいのか、ロイヤリティプログラムなどのCRMの設計と実行を担当しています。

私たちが行ったマーケティング活動から、インサイドセールスやフィールドセールスを通じて実際に会社の売り上げにつながっていく流れを見ることができるのが、BtoBマーケティングのおもしろさだと思います。BtoBマーケティングで大成功をしている企業が少ないので、自分たちが最先端のマーケティングを目指す意気込みで頑張っています。
私個人としては、真の課題を見つけることと、納得できる筋道を立てることに難しさを感じながらも、自分のスキルの向上のためにも日々奮闘中です。

 

 

Q.2 今、いちばん注目しているヒト、モノ、コト

 

ポールダンスです。妊娠・出産で2年間お休みしていたのですが、また復活しました。

子供の頃はピアノの発表会や学校の劇など、自分のがんばりを披露する場がありますが、大人になると人前で発表する機会って減ると思いませんか?
練習を重ねてできなかった技ができるようになったり、好きな曲で踊れるようになったり、仕事と全く違う人たちから刺激を受けたり、趣味を持つって素晴らしいと思います。

ポールダンスはものすごく筋力を使うので、レッスン後数日は筋肉痛なんてことも。フォローしている世界中のポールダンサーたちのインスタを見ながら、こんなトリックがしてみたいとイメージが膨らむばかりです。

 

 

Q.3 私の人生に影響を与えたヒト、モノ、コト

 

「ヒト」
両親と前職の仲間です。
両親からは、「選択肢のある人生」と「進化し続けること」を学びました。実際、母は58才になって、かねてからやりたかった仕事に転職した姿を見ると、進化し続けられるってすごいと尊敬します。
前職在籍中にエンジニアとデータアナリストと一緒にプロジェクトを行った経験から、ITと数字の力のすごさをダイレクトに感じ、自分がやりたいことを気づかせてもらいました。

「コト」
大学時代、国際NGO団体「Habitat for Humanity」の学生支部に所属し、貧困や災害による住居問題を解決する活動を行っていました。その一環で東南アジアの貧困層や防げたはずの病気で死にゆく人たちに出会い、自分はなんて恵まれた環境なんだろう、自分にできることを精一杯しないといけないと心の底から感じました。


写真=三輪憲亮

Pocket

プロフィール
小池 美香

小池 美香 こいけ みか

(株)ビズリーチ

新潟県柏崎市出身。外資広告会社を経て、2017年6月ビズリーチへ入社。ビジネスマーケティング部において、ホワイトペーパーやコラム、Webコンテンツなどのコンテンツ企画やシナリオの設計からMAを活用したナーチャリングなどの企画実行を担当。今後は既契約企業のロイヤリティプログラムの構築を行う。

※ 会社、役職、年齢など、記事内容は全て取材時のものです

あなたの周りの美人マーケターをご紹介ください!

教える

メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!