18

「よいUX」を追求することが重要

寺村 心 てらむら こころ さん 25歳 レバレジーズ(株)

Q.1 今、いちばん注目しているヒト、モノ、コト

 

ユーザーエクスペリエンス(以下UX)です。ユーザーがある製品やサービスを使ったときに得られる経験や満足感など全体を指す用語です。よく「UI/UX」と表記される「UI(ユーザーインターフェース)は、ユーザーがある製品やサービスを使っているときに感じる「操作感」を指します。いわばUXは「結果」、UIは「手段」だと思っています。

UXがUIの延長に捉えられることがよくありますが、あくまでUIはUXを導くための手段なので、まずは
「よいUX」を追求することが重要だと考えています。極端な例を言えば、10分後に届く宅配サービスがあれば注文方法が多少面倒なサイトでも急を要している人は使うと思います。ただ「よいUX」を実現するためには「よいUI」も必須なので、UXを考えた上でUIを作っていかないといけないですね。

 

page5

 

 

Q.2 私の人生に影響を与えたヒト、モノ、コト

 

冒頭でも書いた、大学時代に出会ったIT企業A社です。

大学時代医療の勉強しかしていなかった私にとって、「IT」というのは未知の世界でしたが、A社に出会い見る目が変わりました。まだ歴史の浅い産業だからこそこれからの可能性が無限にありスピードが速く、若い人が多く活躍していることを知り、一気に魅力を感じたのです。
その後30社ほどのIT系企業を調べたり話を聞き考えた結果、一番「合う」と感じたレバレジーズに入社を決めました。今でもきっかけを与えてくれたA社には感謝しています。

 

page4

 

Q.3 今のお仕事のおもしろさ、難しさ

 

「ゼロからイチを生み出す」というのが面白くもあり、難しくもあります。
今私が作っている「バイトーク」は、業界内で初の試みをしようとしているものなの で、「こうすれば成功する」なんていう保証がないのです。だから難しいのですが、「どうすれば使ってくれる人に愛されるか」を考えながら、今までにないサービスを作り上げていくのは面白いです。


写真=三輪憲亮


プロフィール
寺村 心

寺村 心 てらむら こころ

レバレジーズ(株)

京都大学で神経生理学を研究中、とあるIT企業に出会ったのをきっかけにIT業界のチャンスの多さやスピード感に惹かれる。
大学院卒業後、レバレジーズ株式会社に入社。マーケティンググループのディレクターとして求人サイトの運用・改善に努める。入社半年後から別メディア計5本の立ち上げ・リニューアルに携わり、現在はアルバイト求人サイト「バイトーク」のメインディレクターとして活動中。

※ 会社、役職、年齢など、記事内容は全て取材時のものです

あなたの周りの美人マーケターをご紹介ください!

教える

メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!

教えて! あなたの

気になるあの人!

採用者にはプレゼントも♪

教える