103

より良い伝え方を見つけ出していきたい

谷澤 留理 やざわ るり さん 28歳 (株)アイモバイル

Pocket

Q.1 今のお仕事内容、そのおもしろさ、難しさ

 

これまで弊社では専任の広報担当という存在がいませんでした。そんな中で私の「広報をやりたい」という声を聞いていただき、今現在、業務ができています。誰も正解が分からないからこそ業務の幅は広がり、挑戦できていることにすごく感謝とやりがいを感じています。
また、弊社ではBtoB向けサービスであるインターネット広告事業と、BtoC向けに展開しているふるさと納税事業や人材紹介事業があります。それぞれに違う発信のやり方に難しく感じることもありますが、日々考えより良い伝え方を見つけ出していきたいと思っています。

 

 

 

Q.2 今、いちばん注目しているヒト、モノ、コト

 

自社SNSです。一方的な発信だけでなく、コミュニケーションツールとして活用することで、お客様の声をより近くに知ることができますし、1つのことから広がる拡散力に驚いています。SNSを通して求められていることを理解し、コンテンツの内容を日々模索しています。
また、個人的にはJリーグチームの動向にも注目しています。サッカーが好きという単純な理由からですが、2017年よりDAZNが放映権を取得したことから各チームのマーケティングの幅が広がっていて、今よりももっとサッカーを楽しめる機会が増えたら最高だなって思っています!

 

 

Q.3 私の人生に影響を与えたヒト、モノ、コト

私の両親です。
学生の頃は絵に書いたような反発娘で(笑)それでも今こうして楽しく仕事やプライベートを過ごせているのは2人のおかげだと思っています。
母も父も自分の能力を活かした仕事をしてきていますし、経験から得たたくさんの知識を私に教えてくれました。その知識や与えてくれた経験が私の人生にとって貴重なものになっています。両親は「こんな人になりたい」と思える私の理想像です!


写真=三輪憲亮

Pocket

プロフィール
谷澤 留理

谷澤 留理 やざわ るり

(株)アイモバイル

1990年生まれ。大学卒業後、大手食品商社に入社し、2015年1月に株式会社アイモバイルに転職。インターネット広告事業部での営業経験をきっかけに、「サービスをより多くの人に知ってもらいたい」という想いからPR活動を兼任。
2017年10月より、新規事業として広報部を立ち上げ、動画広告事業「maio」やアプリ支援ツール「LogBase」など、全サービスの広報業務を担当。

※ 会社、役職、年齢など、記事内容は全て取材時のものです

あなたの周りの美人マーケターをご紹介ください!

教える

メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!