60

現代女性はみな多面的・マルチタスク

熊本 薫 くまもと かおる さん 30歳 andfactory(株) 編集長

Q.4仕事をするうえで「女性であること」を意識しますか?なぜ、どんな時?

 

1年生の娘から「今、学童出たよ」という電話があるとき、ママの顔、ママの声になっていると思います。その時以外は仕事上で「女性」を意識することあまりありませんが、母であること、妻であること、ひとりの社会人であることそれらすべてが私自身だと改めて感じ入る瞬間です。

私に限らず 現代女性はみな多面的・マルチタスクで、それぞれのベストバランスを模索しているのではないでしょうか。

 

page3-2

 

Q.5 あなたの夢は?

 

『短期』
「ママプラ」という名前の通り、ママのプラットフォーム化を早く実現して、世のママたちに使ってもらえるサービスを実現したいです。

『長期』
家族みんなが同じ方向を見ながらも、各々が夢中になれることや好きなことを、世界のどこからでも出来ている人生を送りたいです。

 

page4-1

 

Q.6 最後にひと言

子供を産んだ後の自分の人生も楽しみたい、自分のライフスタイルも充実させたいと思っている、頑張っているママたちに、ママたちの子育て体験談やちょっとした発見になるような記事を毎日ママプラから届けていきます。

さらに今後、実際に子連れで行けるお店や宿泊施設が検索できたり、ママプラ内で買い物が出来たりと、ママたちのライフスタイルを充実させるプラットフォームをつくっていきたいと思います。私も働くママとして、今後も頑張っていきたいと思います。

MAMAPLA(http://mama-pla.jp/)


写真=三輪憲亮

 


プロフィール
熊本 薫

熊本 薫 くまもと かおる

andfactory(株) 編集長

MAMAPLA編集長。2008年に株式会社 USENに入社。新卒1年目で産休に入り、2年目に出産。1年間の育休を経て営業職として時短勤務で復帰。子連れで行けるレストランを探せるサイトを作りたいと上司に掛け合い、企画部に異動し、2014年2月に乳幼児ママ向けの子連れランチ検索サイト『こどものヒトサラ』を立ち上げ、編集長に就任。
娘が小学校1年生になるタイミングで、新たなママの課題や自分の理想とする働き方がしたいという思いから、2016年3月に退職。2016年6月にandfactory 株式会社にて、働くママたちのプラットフォームを作るべく、ライフスタイルメディア『MAMAPLA(http://mama-pla.jp/)』を立ち上げ、編集長に就任。現在も時短勤務で働いています。

※ 会社、役職、年齢など、記事内容は全て取材時のものです

あなたの周りの美人マーケターをご紹介ください!

教える

メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!