オーストラリア発。大ヒット「おバカな死に方」シリーズのスピンオフ。メルボルン鉄道のキッズ向け安全啓発アプリ最新版が登場!

ヒューレット秦泉寺 明佳

ヒューレット秦泉寺 明佳 [記事一覧]

愛媛県出身。大学卒業後、広島〜東京〜アメリカと移り住んだフリーランスライター。 通訳、英会話講師など英語スキルを生かした活動も行っています。趣味は料理、ホームパーティー、水泳、ハイキング。各国のユニークな広告やTVコマーシャルのウォッチで一日を費やしてしまうことも。


オーストラリア発。大ヒット「おバカな死に方」シリーズのスピンオフ。メルボルン鉄道のキッズ向け安全啓発アプリ最新版が登場!

 

 

 

 

読者の皆様、こんにちは。

 

 

" Dumb Ways to Die "

 

 

日本語に訳すと、"おバカな死に方"という救いようのないこちらのフレーズを覚えていらっしゃいますか?

 

 

 

dumbswayjr写真01
Picture: Screen shot from Dumb Ways to Die Official Video

 

 

 

2013年に、広告界のアカデミー賞カンヌライオンズで史上最多5部門のグランプリを獲得したのをはじめ、様々な国際広告賞で高い評価を受けたオーストラリア・メルボルン鉄道の安全啓発キャンペーンです。

 

 

キャンペーンの鍵となり、瞬く間にその話題が世界に拡散するきっかけとなったのが、2012年11月に公開されたこちらのショートアニメムービーでした。

 

 

" Dumb Ways to Die "

 

 
 

 
Numpty、Stumble、Botchなどの愛らしいキャラクターが、次々におバカというか間抜けな理由で死んでいく様が次々と描かれます。そしてムービーの終盤には、同キャンペーンを実施したのが鉄道会社だったことを思い出させる、列車や駅、鉄道に絡んだおまぬけな死に方が出てきます。

 

 

 

逆説的な手法で、「おバカに死なないこと」「危険を回避すること」を訴えた同キャンペーンは大成功。鉄道関連の死亡事故が21%減少したという説もあります。

 

 

Youtube公開後、ほどなくして1億2千万回を超える再生回数に到達したこちらの動画。使用された音楽が、ベルギーのヒットチャートで最高9位、オランダで94位、イギリス(インディーズ)38位にランクインするという事態にもなりました。

 

その後、同キャンペーンリリースの大成功もあり、2013年5月には"Dumb Ways to Die"ゲームアプリをリリース。こちらも好評を博し、その後第二弾も2014年11月にリリースされました。

 

 

 

さて、動画をご覧になるとお分かりの通り、オリジナルの「おバカな死に方」シリーズでは、登場キャラクターたちがアクシデントや事故によって、体の一部を欠損したり、流血したりといった少々グロテスクな描写が出てきます。可愛らしさのあるアニメーションなので、あまり酷さは感じませんが、シュールで刺激的であるのは間違いありません。

 

伝えているメッセージはとても大切なのですが、このままで子どもたちに見せるには少々抵抗があると感じる人も多いでしょう。
 
そこで、オリジナル「おばかな死に方」のスピンオフとしてリリースしたのがこちら、

 

 

DWJ_Web_Banner_Landing_Page_603x292mm_D1

Picture: Screen shot from Dumbs Way JR Official Website

 

 
" Dumbs Way JR "

「おバカなやり方 ジュニア」

 

 

3歳から7歳くらいの子どもたちをターゲットにしたこちらのシリーズには、Loopy、Dumbbell、Boffo、Penguin、Madcapの5体のキャラクターが登場。もともとのオリジナル版キャンペーン同様に身の回りに潜む様々な危険を回避する重要性を伝えることで、子どもたちに楽しんでもらいながら安全啓発を可能にすることを目的としています。

 

 

これまでにリリースされていたのは、2つのゲームアプリ。

 

" Loopy's Train Set " (2016年3月リリース)
 
" Boffo's Breakfast " (2016年5月リリース)

 

 

列車や鉄道に関連して発生する危険を回避するにはどうすれば良いのかが学べる" Loopy's Train Set " と、後者はキッチンや料理をする過程で発生する可能性のある様々な危険性や、安全を脅かす行動などが盛り込まれています。

 

 

子どもを対象にしたアプリだけに、大人向けの" Dumb Ways to Die "のように、キャラクター自らが身を投げ出して危険性を視聴者にわからせるというスタイルはとっていません。どういったゲームアプリなのかはこちらの動画からご覧ください。

 

 

" Dumb Ways JR Boffo's Breakfast (Metro Trains Melbourne Pty Ltd) - Best App For Kids "
 

 
 
 

そして先の二作品の概ね好意的な反応を受けて、つい最近リリースされたのが、

 

" Madcap's Plane " (2016年8月Apple Storeリリース・2016年9月Android版リリース)です。

 

 

dumbswayjr写真03
Picture: Screen shot from Campaign Brief

 

 

 

このゲームでは、子どもたちは飛行機を安全に離着陸させたり、乗客や彼らの手荷物を正しくピックアップして目的地へ無事に送り届けたり、航行中の安全確認や危険を察知した際にはアラートをコックピットから発信したりすることができます。

 

 

dumbswayjr写真04
Picture: Screen shot from Dumbs Way JR Apple Store

 

 

 

ゲームの開発に際しては、メルボルン鉄道は教育の専門家と幾度も検討を重ね、実際に完成したアプリを子どもたちにテストプレイをさせてその有効性を検証。満を持してのリリースとなったようです。

 

 

ちなみに、いずれのアプリのダウンロードも2ドル99セントで有料ですが、広告等は一切なく、データ通信やwifiを使わずにプレイすることができます。

 

 

 

私たち大人には、やはりシュールなオリジナル版の毒気が必要かつ効果があるように感じますが、子どもたちに楽しんでもらいながら早い段階から安全教育を施すことができるこちらのアプリ。世の中のママからは概ね良い反応を獲得しているようです。

 

 

 

※Dumb Ways to Die Ofiicial Website
http://www.dumbwaystodie.com/
 
※Dumb Ways JR Official Website
http://www.dumbwaystodie.com/dumb-ways-jr/

 

 

 

 

※ニュースソース

※Campaign Brief
http://www.campaignbrief.com/2016/08/metro-trains-melbourne-launche-1.html
http://www.campaignbrief.com/2016/03/metro-trains-melbourne-launche.html

※Mumbrella
https://mumbrella.com.au/dumb-ways-jr-launches-madcaps-plane-app-teaches-safety-young-kids-389106

※Mommies with cents
http://www.mommieswithcents.com/introducing-dumb-ways-jr-boffos-breakfast-dumbwaysjr-ad/


メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!

教えて! あなたの

気になるあの人!

採用者にはプレゼントも♪

教える