97

心に響くポイントを意識しながらプランニング

及川 真由美 おいかわ まゆみ さん 39歳 ル・クルーゼ ジャポン(株) ブランドコミュニケーション スペシャリスト

Pocket

Q.4仕事をするうえで「女性であること」を意識しますか?なぜ、どんな時?

 

意識はします。情報というものは、女性ならではの受け方や感じ方があります。やはり弊社製品のユーザーやターゲットは女性寄りなので、できる限り相手の立場に立つことはもちろん、女性だからこそ心地よく感じ、心に響くポイントを意識しながらプランニングをしています。

 

 

Q.5 あなたの夢は?

 

これからは少子高齢化と人手不足問題、それに加えて晩婚化や単身者の増加が世の中に与える影響は大きいと思います。自信を含め、将来に不安をひとつも感じていない人は少ないでしょう。そんな人達の心の支えになり、居場所をつくれるような革新的なビジネスに携わってみたいと感じています。そしていつになっても、携わっている人、自分の置かれている環境や状況すべてに感謝できる自分でいたいですね。

 

 

Q.6 最後にひと言

 

私がル・クルーゼに転職したのは、SNSで友人達にもらした「潮時かも。転職したい。」の一言がきっかけでした。当時はクリエイティブの制作業務に携わっておりましたが、制作の現場というのは勤務時間も長く、常に納期に追われ、女性にとっては厳しい仕事でした。そんな日々の中で私の唯一の気分転換は、週末に友人達を招いたホームパーティーで手料理を振舞うことでした。そこによく参加していた友人の1人が私のSNSつぶやきを見て、たまたまル・クルーゼのSNSマーケターの募集があることを知り、私を推薦してくれたんです。SNSの可能性を感じましたね。

私のように制作からマーケターへ転身した方はそう多くないと思いますが、技術者だからこそできるマーケティングの手法があると感じています。自分の可能性をもっと広げてみたい、将来を模索している、そう感じている方がいたら、できるだけ多く自分の好きな事や得意分野を発信してほしい。周りは自分以上にあなたの魅力を知っていて、客観視できるからこそ見えるものがあり、そのコネクターとなってくれるはずです。


写真=三輪憲亮

Pocket

プロフィール
及川 真由美

及川 真由美 おいかわ まゆみ

ル・クルーゼ ジャポン(株) ブランドコミュニケーション スペシャリスト

グラフィックデザイン、WEBデザイン経験を約10年積んだのち、食を通じた商業施設プロデュース関連業界に興味を持ち、カフェ・カンパニー株式会社に入社。スタッフのマネジメントや調理・フードプランニングに携わる。
2013年にル・クルーゼジャポンに入社。現在はデザイン経験と食の知識を生かし、ブランドコミュニケーションを中心としたマーケティング業務に従事。

※ 会社、役職、年齢など、記事内容は全て取材時のものです

あなたの周りの美人マーケターをご紹介ください!

教える

メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!