89

知ってもらわないと始まらない

藤田 彩月 ふじた さつき さん 23歳 (株)ペライチ 広報PRマネージャー、47都道府県ペライチ認定サポーター本部部長

Q.1 今のお仕事内容、そのおもしろさ、難しさ

 

WEBページを誰でもカンタンに作れるツール「ペライチ」の広報PR、コミュニティデザインを担当させていただいております。
きっかけは、幼少の頃、岡山に住む備前焼職人の親戚が、情報発信できないために、光る個性を捨て、意に反した仕事で、人生ががらりと変わる様子を目の当たりにしたことでした。そこで、どんなに価値ある想いや商品・サービスがあれど、知ってもらわないと始まらないのだと気づき、お金やリテラシーが無くても情報発信できる「ペライチ」に、心から魅力を感じました。今は、そんな手段があることを広め、ご自身で活用いただく学びの場創りに面白さを感じています。
一方、そもそも情報発信がどれだけ重要かを理解していただくこと、そして、タイピングできれば作れるほど簡単ですが、情報発信すれば必ずしも届けたい相手に届く訳ではないところに更なる課題を感じています。

 

 

Q.2 今、いちばん注目しているヒト、モノ、コト

 

「society5.0」です。
これは、狩猟社会→農耕社会→工業社会→情報社会に続く、新たな経済社会のことで、サイバー空間とフィジカル空間を融合させ、地域・年齢・性別・言語等による格差なく、経済的発展と社会的課題の解決を両立し、より良い暮らしを目指すものです。
まだまだ勉強中ですが、2015年9月に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」を具体化した日本ならではの在り方ではないかと、興味津々です。学生の頃、ヘレン・クラークUNDP総裁の講演を間近で聴き、これこそ地球人が歩む道だと感動し、ひっそり号泣したのを思い出します (笑)。

 

 

Q.3 私の人生に影響を与えたヒト、モノ、コト

 

旅をするように生きるコトです。
旅とは、場を変えながら、様々な出逢いを求め、”今此処” を感じられる、私にとって掛け替えのない活動です。幼少より、日本が好きだと信じていましたが、色んな国を旅して初めて、日本の良さも未熟さも本当の意味で知り、心から「日本が好きだ!」と思えるようになりました。この在り方は、実際にバックパックを背負っていなくても、同じことだと想っています。


写真=三輪憲亮


プロフィール
藤田 彩月

藤田 彩月 ふじた さつき

(株)ペライチ 広報PRマネージャー、47都道府県ペライチ認定サポーター本部部長

神奈川生まれ、東京育ち。岡山が第二の故郷。幼少より、紛争や人間、環境問題に関心を寄せ、教育×IT×美を鍵に、「個性が活き、地球が喜ぶ暮らし創り」をミッションとする。
大手
IT企業に就職後、株式会社ペライチに入社。現在、地方創生コミュニティデザイナーとして、47都道府県ペライチ認定サポーター制度を立ち上げ、ユーザーと共に47個のコミュニティ創りを奮闘中。

※ 会社、役職、年齢など、記事内容は全て取材時のものです

あなたの周りの美人マーケターをご紹介ください!

教える

メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!