ドラッグクイーンが市の観光客誘致CMの主役に!フィラデルフィアの観光PRがスゴい!!|スゴい★PR


■スゴい★PR~アメリカからマーケティングのニュースを旬にお届け~■

 

読者の皆様、こんにちは。

「フィラデルフィア」

と言えば、皆様何を思い浮かべますか?

北米有数の世界的ビッグ都市の一つでもあるフィラデルフィアは、アメリカ北東部に位置するペンシルバニア州最大の都市です。

MLBの「フィラデルフィア・フィリーズ」や、NFLの「フィラデルフィア・イーグルス」NBAの「フィラデルフィア・セブンティシクサーズ」など、各種プロスポーツチームの本拠地でもあります。

歴史的には、イギリスからのアメリカ独立戦争時、州議事堂(現在の独立記念館)で大陸会議や独立宣言の起草が行われたり、1790年にアメリカ合衆国の首都がニューヨーク市からフィラデルフィアに移ってくると、新都となるワシントン特別区の建設が一段落する1800年までの10年間合衆国連邦政府の首都だったりと、重要な位置を占めていました。

※Picture:Screenshot of Visit Philly.com
※Picture:Screenshot of Visit Philly.com

 

著名な観光地として、「独立記念館」や「自由の鐘」があり、全米きっての「Land Of The Free(自由の地)」を代表する都市でもあります。

そんな「自由」の都市、フィラデルフィアは、全米で、あるユニークな観光戦略で注目を集めています。

Get Your History Straight And Your Nightlife Gay

という名前の、ゲイフレンドリー都市としてのフィラデルフィアPRキャンペーンがスタートしたのは、なんと10年前の2003年のこと。

昨今、アメリカではいくつかの州が同性婚を合法化するなど、ゲイまたはLGBTの人々に対する関心と理解が高まってきていますが、10年前というとまだそれほどではなかっただろうと思います。

そんな折に、なんと「市の観光協会」が「ゲイの皆さん大歓迎!」と大きくうたい、テレビコマーシャルも制作したのです。

※2003年のテレビコマーシャル

18世紀の紳士が、フィラデルフィアで意中の人との逢瀬を計画しているこのCM。
その約束の場に現れたのは、素敵な夫人ではなく、かっこいい紳士という筋立てです。

さて、当時こうした「ゲイフレンドリー」な観光客誘致のキャンペーンやCMを行う自治体はなく、このCMはアメリカでも初の「市の観光協会」による公式CMでした。

そんな画期的なCMとキャンペーンが10周年を迎えた今年。先日、10年の歳月を経て、フィラデルフィアは新たな「ゲイフレンドリー」CMを世に送り出し、再び話題になっています。

それが、こちら。

※2013年のテレビコマーシャル

今回のCMでは、世界的に有名なドラッグクイーン「Miss Richfield 1981」を起用。
彼女(いや、彼?!)は、アメリカではTVショーや新聞、雑誌など各メディアに登場する有名人なのです。

※Picture:Screenshot of Huffington Post
※Picture:Screenshot of Huffington Post

 

※Miss Richfield 1981のオフィシャルブログはこちら
http://missrichfield.wordpress.com/

今回、フィラデルフィア市の観光協会は、この10年間のゲイフレンドリーな都市としてPRし続けてきた取り組みを祝い、この新しいCMを発表したのです。

ちなみに、こうした市(自治体)公式の観光客誘致のためのCMを、「ゲイフレンドリー」な観点で作成したのは、今回のものでたった3作目なのだそうです。

さて、インターネット上では、いかにフィラデルフィアが「ゲイフレンドリー」であるかを、「Visit Philly.com」という、観光協会のオフィシャルサイトで面白く紹介してくれています。

※Visit Philly.Com
http://www.visitphilly.com/c/gay/

philly2
※Picture:Screenshot of Visit Philly.com

 

philly3
※Picture:Screenshot of Visit Philly.com

 

「Neighborhood」ならぬ「Gayborhood」と称して、「ゲイフレンドリー」な飲食店やスポットを紹介するマップを提供したり、、、

※Picture:Screenshot of Visit Philly.com
※Picture:Screenshot of Visit Philly.com

 

※Picture:Screenshot of Visit Philly.com
※Picture:Screenshot of Visit Philly.com

 

様々なLGBTイベントの予定や、ナイトライフを楽しむ情報などが提供され、メールでのニュースレターを受信することもできます。

ちなみに、来月10月11日は、

National Coming Out Day

という、アメリカのLGBTコミュニティにとっては大切な記念日。それを祝い、フィラデルフィアでは、「Philadelphia Outfest」というイベントが開催されますが、こちらは、アメリカで最も大きな同記念日に関連したストリートイベントなのだそうです。

※Picture:Screenshot of Visit Philly.com
※Picture:Screenshot of Visit Philly.com

 

※Philadelphia Outfest
http://www.phillypride.org/outfest.php

ところで、気になるのは、実際にどれだけの観光PR効果があったのかというところですよね。

「Community Marketing」による最近の「17th Annual Gay and Lesbian Tourism調査」によると、フィラデルフィアは、ゲイの旅行者が訪れる全米の都市ランキングのトップ10内にランクインしたのだそうです。

先述のキャンペーンをスタートさせた2003年以前は、トップ20にも入れなかったというくらいですから、ここ10年間で着実に「フィラデルフィア」の「ゲイフレンドリー」な都市としての地位は向上したようです。

※ニュースソース

※Reuters
http://www.reuters.com/article/2013/08/23/pa-gptmc-10yrsofgay-idUSnPNPH68482+1e0+PRN20130823

※Examiner
http://www.examiner.com/article/philadelphia-wants-to-remind-gay-travelers-they-are-welcome-to-visit

※Visit Philly.com
http://press.visitphilly.com/releases/philadelphia-marks-10-years-of-gay-marketing-with-new-tv-commercial#

※Huffington Post
http://www.huffingtonpost.com/jim-werner/gay-travel-advertising_b_3787694.html


メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!

教えて! あなたの

気になるあの人!

採用者にはプレゼントも♪

教える