109

「価値」と「対価」の乖離を世の中からなくすこと

田原 恵美 たはら めぐみ さん 26歳 (株)プロレド・パートナーズ 主任

Pocket

Q.4仕事をするうえで「女性であること」を意識しますか?なぜ、どんな時?

 

特別意識しているわけではないですが、女性で良かったと思えることは多くあります。
広報は常にアンテナをはっているので、女性社員ならではの悩みや働く上での課題を迅速に吸い上げ、解決に向け動きだすことが可能だからです。プロレドの広報は、採用だけでなく、社内制度を立案する上でも関わることができます。「もっとこういう制度があればプロレドらしさが生まれるのでは?」とアイデアを出せる環境にいるので、声を出すことが苦手な社員の代わりになれればと思っています。

 

 

Q.5 あなたの夢は?

 

広報としては、グローバル規模でもっと成果報酬型ビジネスの魅力を広めていくこともそうですが、何より働く社員が「ここで働いて良かった」と思えるような雰囲気を継続し続けることです。人生において働く環境、出会う人というのは、自身の考えや行動を180度変えることができると身をもって感じているからです。
プライベートでは、昔からバックパッカーのブログとか見るのが好きなので、世界一周旅行してみたいです!

 

 

Q.6 最後にひと言

 

皆さん、世の中って「価値」と「対価」がイコールじゃないなって感じたことありませんか。
「あの人、すごく才能あるのに評価されないな」「これだけ報酬払ったのに結局残ったものは何だっけ?」そんな「価値」と「対価」の乖離を世の中からなくすことをビジョンとして掲げているのが、プロレド・パートナーズです。

プロレドは成果報酬型なので、成果が出ないのであれば報酬は発生しない、それって本来であれば当たり前でなくてはならないはずなのに、そうではない。そんな世の中を変えたいと思い、私達は成果に拘って企業様の経営をサポートさせていただいています。
プロレドのビジョンに少しでも共感していただける方、是非仲間として、一緒に日本・海外で企業再生の担い手になりましょう。


写真=三輪憲亮

Pocket

プロフィール
田原 恵美

田原 恵美 たはら めぐみ

(株)プロレド・パートナーズ 主任

大手アパレル企業にて、売り場管理、店舗ブログを担当。
2015年4月にプロレド入社。入社後広報業務全般に携わり、社内広報をはじめ、メディアへの企画、企業ブランディング、SNS、HP制作のサポート、コンサルティング現場のレポートまで多岐にわたり、プロレドの広報担当として活動中。

※ 会社、役職、年齢など、記事内容は全て取材時のものです

あなたの周りの美人マーケターをご紹介ください!

教える

メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!