94

新しいママの働き方を示していけたら

岩堀 真弓 いわほり まゆみ さん 33歳 マムズラボ(株) プランナー

Pocket

Q.4仕事をするうえで「女性であること」を意識しますか?なぜ、どんな時?

 

男女をそんなに意識はしていませんが、ママであることは仕事している中でも強く意識をしています。自分自身が子育て中のママであるという属性を活かして仕事に取り組んでいるためです。

我が家は夫も理解があり家事や子育ての分担が進められていますが、まだまだ女性にとって両立が難しい社会だと感じます。ですが、私はママであることを仕事をするうえでも強みにできると思っています。子育て中であることを理由に仕事に消極的になるのではなく、周りの環境に感謝しながら、これからも前向きに取り組んでいきたいと思います。

 

Q.5 あなたの夢は?

 

今やらせてもらっている、プロモーションプランナーやクリエイティブディレクターの仕事をずっと続けていきたいです。今、マムズラボと業務委託契約をしている個人事業主として稼働しています。実際は、週に2回ほど出社して、あとは外回りの他、自宅やシェアオフィスなどで作業します。全国にいるママクリエイターとの打ち合わせはappear inなどのオンラインツールを使って行います。
私自身、納得のいく子育てと両立できるよう道を切り拓いてきたので、こういうとおこがましいですが、新しいママの働き方を示していけたらと思います。

 

 

Q.6 最後にひと言

 

マムズラボは「これからのかぞくが体験する、ちょっとみらいのカタチ。」をキーワードに、「かぞくみらいフェス2018」というファミリー向けイベントを主催いたします。ぜひお越しください!
開催日:2018年3月28日(水)・29日(木)
開催場所:東京国際フォーラム ホールE2
URL:https://kazokumiraifes.jp/


写真=三輪憲亮

Pocket

プロフィール
岩堀 真弓

岩堀 真弓 いわほり まゆみ

マムズラボ(株) プランナー

人材派遣会社の営業を経て、広告業界へ。広告代理店にてプロモーションの企画に従事した後、結婚を機にマレーシアへ移住、現地採用にて勤務する。帰国後、第1子が待機児童となり2015年より個人事業主へキャリアチェンジ。現在は2児の母である視点を活かし、ファミリー向け商品のマーケティングのプランナーとしてコンサルティング営業からチーム作り、ディレクションまで幅広く手掛ける。

※ 会社、役職、年齢など、記事内容は全て取材時のものです

あなたの周りの美人マーケターをご紹介ください!

教える

メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!