85

感動を共有できるような“コト・モノ”を作っていきたい

佐藤 友紀子 さとう ゆきこ さん 37歳 amidus(株)

Q.4仕事をするうえで「女性であること」を意識しますか?なぜ、どんな時?

 

そこまで強くはないですが、意識することはやはりあります。
仕事の進め方、周囲との関わり方や企画時点でもそうです。女性の発想や視点が重要な時がありますからね。控え室の作り方とか、ケータリング、見せ方、きめ細かいおもてなしなど、男性が多くなりがちなイベント現場では、女性だから気付くこと、女性らしいフォローの仕方が大事だなと感じます。

あとは、先ほどもちょっと話しましたが、重要だと思っている飲み会では“女性を忘れがち”な時もあるので、そこは皆によく怒られます…(苦笑)。なんか、お酒の話ばっかりしてます?大丈夫かな?(笑)

 

Q.5 あなたの夢は?

 

どの仕事もそうだと思いますが、何かを成し遂げる裏には、色んな人が動いていて協力していて、時には怒られたり憤りを感じたり。でも確実に全員が一つのことに向かっていますよね。そこから表出するコトやモノが出来上がった時には、消費者やクライアントの笑顔と共に制作サイドの感動がすごくあります。
なので、「佐藤に仕事をお願いしたい」と思われたり、「佐藤が言うなら手伝おう」と思ってもらえる仕事の仕方をし人脈を広げながら、感動を共有できるような“コト・モノ”を作っていきたいですね。

仕事以外では、私のいないところでも私が話に上がって周りがそれで笑う。大好きなお酒の肴のような、そんな人間でいたいです。マーケターじゃなくてサーケ(酒)ターみたいな紹介でいいんじゃないかな、私(笑)。

 

 

Q.6 最後にひと言

 

今携わっているプロジェクトの一つに「レニピ」があります。日本の1/3を占める雨の日が楽しくなったら、毎日がもっと楽しくなるのでは?そんな思いのもと、雨を楽しむ人=レイニーピーポーを増やすプロジェクトです。
どうやったら、多くの人が嫌いで苦手な雨の日を楽しむことができるのか。イベントの開催情報も、WEBで発信していきますので、ぜひご覧くださいね!


写真=三輪憲亮


プロフィール
佐藤 友紀子

佐藤 友紀子 さとう ゆきこ

amidus(株)

北海道出身。成城大学卒業後、イベント制作を行う「株式会社TOW」にて、企業の商品PR、製品発表会など、各種イベントの企画・運営に携わる。
その後人材育成の「株式会社ウィル・シード」を経て、20174月にamidus株式会社へ入社。
現在は新規事業
・事業企画に携わりながらも、各案件を盛り上げるためのイベント企画・運営に奮闘中。お酒、カラオケ、夏フェス、J-POP好き。最近「バースデープランナー」の資格を取得。

※ 会社、役職、年齢など、記事内容は全て取材時のものです

あなたの周りの美人マーケターをご紹介ください!

教える

メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!