108

人から感謝される事に、達成感や面白さを感じる

五位尾 麻美 ごいお あさみ さん 32歳 (株)ファイブテイルズ 代表取締役社長

Pocket

Q.1 今のお仕事内容、そのおもしろさ、難しさ

 

脱毛サロン8店舗運営、化粧品の企画販売、矯正下着の企画販売、女性プロデュース企画などをしています。
最初は売上を上げて会社が大きくなっていく事に面白さを感じていましたが、最近は人から感謝される事に達成感や面白さを感じるようになり、今後は当社のサービスや商品のファンの方と、直にコミュニケーションを取れるイベントを開催する機会を増やして行く予定です。難しい事は、市場が拡大するにつれて競合が増えるので、対策をその都度していかなければいけない事です。

 

 

Q.2 今、いちばん注目しているヒト、モノ、コト

 

当社のお客様は20〜30代の女性が多いので、特に20代前半の方の間で流行っているお店やアプリなどはなるべく自分で足を運び、やってみたりしています。新しいサービスもとにかくトライし経験することを意識しています。
その中でもVRはまだまだ可能性を感じるので、当社でもVRを使ったビジネスをやるか、または面白そうなサービスがあれば出資を考えています。

 

 

Q.3 私の人生に影響を与えたヒト、モノ、コト

 

私に影響を与えたのは、やはり世界中をバックパッカーとして一人旅をした経験です。その旅を通じて、当たり前だと思っていた日本での生活や文化は実は非常にユニークだという事を学び、それが今の仕事、ライフスタイル、思考に繋がっています。

また、もし日本で何か大きな失敗をして自分の居場所がなくなったとしても、誰も自分を知らない国に行けばいいや!と考えられるようになった事で、リスクを取ってチャレンジする事への恐怖心は良い意味で少なくなりました。


写真=三輪憲亮

Pocket

プロフィール
五位尾 麻美

五位尾 麻美 ごいお あさみ

(株)ファイブテイルズ 代表取締役社長

北海道生まれ。高校時代にオーストラリアに留学をしたのをきっかけに、20代で世界30カ国を旅し、世界中の美容サロンを回り、国境を越えて美容に関する知識を深める。海外では当たり前となっているブラジリアンワックスがまだ日本に普及していなかったため、2014年の帰国後すぐにブラジリアンワックス脱毛専門サロン「Ibiza Wax」を起業。
現在は沖縄を含め関東を中心に8店舗を運営。2015年にはサロンのお客様のお悩み解決をすべくデリケートゾーン専用化粧品を企画開発し、累計31万本を突破する2児のママ社長。

※ 会社、役職、年齢など、記事内容は全て取材時のものです

あなたの周りの美人マーケターをご紹介ください!

教える

メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!