27

強いコンテンツを出し、興味、関心を据え置く

安藤 祐輔 あんどう ゆうすけ さん (株)Socket 代表取締役

Part.2

 

■スマホいじりは基本的に「ながら行動」である

 

高年齢層や主婦などの"ネット初心者"のスマホ使用率が高まるとともに、Eコマースもまた、スマートフォンユーザーが主体となりつつある。つまりEコマースにおける販促を考える時、彼らの行動傾向を理解することが重要になってくる。

 

スマートフォンをいじるとは、基本的に"ながら行動"例えば電車に乗りながら、など、何かをしながら行うことです。つまり興味、関心が低い状態で見ていることが多く、気が散りがち。当然ながら情報深度は低く、他に何かしら気を取られる動きがあると、それが即、離脱につながります。

 

ですから離脱を防ぐには、例えば『値引きしますよ』『このサービスはあなただけに向けたものですよ』といった強いコンテンツを出し、興味、関心を据え置く必要がある。それがFlipdeskにおける接客サービスの基本的な考え方です」

151014_nipponmkt-33

 大事なのは、スマホの「ながら見」ユーザーに「足を止めてもらう」こと。そのためには、限定キャンペーンなどの強いコンテンツが必要になる。

 

「そしてもう一ついえることが、スマホは衝動買いが多い、ということ。例えばSNSのタイムラインに上がってきた商品を見て『これいいなあ』と、特に比較検討をせずに購入するようなケースですね。または比較検討をするとしても、先ほど申し上げたながら行動がゆえに、浅いんです。

 

また、毎月必ず購入しているようなリピート商材は、スマホで買う傾向があります。それに対して、明確な目的を持ち、検索で調べてからの買い物はPCですることが多い。皆さんそうやって使い分けているわけです。

 

要は画面が小さいため、新規購入についてはハードルが高いということ。小さな画面に住所やカード情報を入力するのは面倒だし時間がかかるので、おのずと離脱率が高くなる。きっと皆さんも、そういった経験をお持ちですよね。『まあ、今買わなくてもいいかな』といった、マイナスの言い訳が効きやすいのです。それをどう防ぐかが、スマホマーケティングにおける非常に大事な部分だと考えています。

 

 

実際のところ、入力が大変だというのは、単なる思い込みかもしれませんからね。例えばFlipdeskのターゲティングを、複数回サイトに来ているのに今まで買ったことのない、CVRが0の会員に設定し、情報入力の仕方をポップアップで出すことも可能です。これは、実際に高い効果がありましたから」

 

 

 

■消防士を経て大学に入り、4年生で起業。

 

 そんな安藤さんは、ユニークな経歴の持ち主。高校卒業後、まずは消防士として東京消防庁三鷹消防署に3年勤務。そこから筑波大体育専門学群に進学し、大学4年で起業した。

 

「要は、あまり深く考えていたわけでもないんですよ(笑)。消防士を辞めて筑波大に進学したのは、社会の仕組みが見えてきたから。やはり、大学には入っておいた方がいい、と判断して、3年遅れで入学しました。

 

これは、僕にとっては大きなキャリアチェンジ。だから『幅広い経験をしたい』と思い、高校までずっと打ち込んできた柔道部ではなく、トライアスロン部に入りました。

 

151014_nipponmkt-47

会社を立ち上げたのは、大学4年で部活を引退した後のことです。ある人材系ベンチャーの社長さんと出会い『会社をやったら面白いよ』と勧められ、その時の冬にスポーツ学生の人材紹介会社を設立しました」

 

 

大学卒業後も事業を続け、会社は順調に成長した。そして2008年、大手人材派遣会社に事業を譲渡。

 

「次は何をしようかと考えて、企画書を書くなど新規事業立ち上げの準備をしていた時に、リーマンショックがありまして…。あまりにもマーケットが悪くなってしまったので、起業はいったん諦めました。

 

そんな自分を拾って下さったのがケンコーコム。Eコマースにしっかりと関わったのは、この時が初めて。"通販のプロ"みたいな女性がいて、その方にさまざまなことを教わりました。そのおかげでEコマースに強くなりました。

 

 当時、スマホはすでにありましたが、保有率はまだ10%以下。マーケット分析をすると、今後スマホが増えることは確実にわかっていましたが、専用サービスを立ち上げるのはまだ早い。そんな印象でした

 

151014_nipponmkt-30

 

この時の経験を経て、安藤さんは現在につながるキャリアを築いていく。Part.3となる次回は、再び起業してFlipdeskをローンチするに至るまで、そして今年9月、新たにSyn.ホールディングス傘下に入ることを決めた経緯などについて、話を聞いていく。


プロフィール
安藤 祐輔

安藤 祐輔 あんどう ゆうすけ

(株)Socket 代表取締役

1981年7月10日長崎県生まれ。東京都出身。高校卒業後に消防士となり、東京消防庁三鷹消防署に3年間勤務後、筑波大入学。体育専門学群4年次に人材紹介会社を立ち上げる。事業売却後、2009年に入社したケンコーコムでマーケティングを手がけ、Eコマースに関する知識を得る。2012年11月に株式会社Socketを立ち上げ。2014年にFlipdeskをローンチ。

※ 会社、役職、年齢など、記事内容は全て取材時のものです

教えて! あなたの

気になるあの人!

採用者にはプレゼントも♪

教える

メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!