カスタマーの商品に対する「誤解」を逆手に取ったニューカッスルの新CM&恒例の独立記念日イブ企画

ヒューレット秦泉寺 明佳

ヒューレット秦泉寺 明佳 [記事一覧]

愛媛県出身。大学卒業後、広島〜東京〜アメリカと移り住んだフリーランスライター。 通訳、英会話講師など英語スキルを生かした活動も行っています。趣味は料理、ホームパーティー、水泳、ハイキング。各国のユニークな広告やTVコマーシャルのウォッチで一日を費やしてしまうことも。


カスタマーの商品に対する「誤解」を逆手に取ったニューカッスルの新CM&恒例の独立記念日イブ企画

 

 

 

読者の皆様、こんにちは。

 

 

今回ご紹介するブランドは、イギリス発のエールビールブランド、

 

 

「Newcastle/ニューカッスル(ニューキャッスル)」

 

 

です。

 

 

newcastle写真01
Picture:Screen shot from Strategist Magazine

 

※Nwecastle Brown Ale Official Website
https://www.newcastlebrown.com/

 

 

 

イギリスで1927年から製造が開始された「Newcastle Brown Ale/
ニューカッスルブラウンエール」は、現在はハイネケン社の傘下に
あり、全販売量の半分以上がアメリカでの販売によって占められて
いるほど、同社にとってアメリカは重要な市場となっています。

 

 

そんなニューカッスルは、2年前から毎年7月4日のアメリカ独立記念日
に合わせたこの時期に、イギリスらしいブラックユーモアの効いた
マーケティングキャンペーン「Independece Eve」を展開し、話題に
なっており、およそ1年前にこちらの「スゴい★PR」でもその取り組み
をご紹介しました。

 

 

newcastle写真02
Picture:Screen shot from chiarabernardinello.wordpress.com

 

 

※ニューカッスルビールが2014年の米独立記念日に向けて放った
きわどいマーケティングの記事はこちらから

https://nipponmkt.net/wp_new_nipponmkt/2014/07/03/sugoipr-57/

 

 

 

さて、今年2015年の夏はニューカッスルがどんな面白いマーケティングを
仕掛けてくるのかと待っていたところ、早速ニュースになっていたので
ご紹介します。

 

 

ニューカッスルの看板ビールと言えば、「ニューカッスルブラウンエール」
ですが、その「ブラウンエール」という名前と、赤茶色に近いビールの
色味のためなのか、こちらのビールに対して人々が抱いているイメージは、

 

 

「濃いビール」
「重たいビール」
「ダークビール」

 

 

といったものが多いのですが、それは実は「Misconceptions/誤解」。
ブラウンエールながら、すっきり飲みやすい飲み口が特徴のビール
なのです。

 

 

そこで、アメリカでの認知度を上げたとは言え、まだまだ手に取ったこと
の無い人が持っているであろう「誤認」を正すべく、「Misconceptions」
という点をテーマにして今夏のマーケティング第一弾のCMが作られました。

 

 

※「Misconceptions/誤解」をキーワードにしたニューカッスルの
ピー音連発(!)の2015年夏の最新コマーシャルはこちら。

 

""Misconceptions" presented by Newcastle Brown Ale"

 

 

 

 

CMには何組かの、ニューカッスルブラウンエールを初めて飲んでみて、
それまでの認識が間違っていたことに気付いた!という人が登場します。

 

 

「こんな誤解をしていたなんて、自分はとんな阿呆ものだ!」

 

 

などと、少々汚い言葉も盛り込みながら(原文では、 “a dumb idiot”、
“a big fucking idiot”、“a couple of ignorant assclowns”などが
ピー音とともに) 、その誤解を語るこちらのCM。

 

 

newcastle写真03

Picture:Screen shot from Newcastle Brown Ale's Official Youtube Video

 

 

 

その結果として、

 

 

"It's better than you thought."

 

 

「思ってるより良いもの(美味しいビール)だよ」というメッセージを
裏打ちする構成になっています。

 

 

 

こちらのCMをオンエアし、ニューカッスルビールに対する人々の
誤解を解きながら、もちろん3年目の「Independence Eve」を祝う
キャンペーンも展開しています。

 

 

newcastle写真04
Picture:Screen shot from Chilled Magazine

 

 

今年は、

 

 

“You’re welcome for the day off of work”

“No work on July 3rd — you’re welcome!”

 

 

「どういたしまして、仕事が休みになって良かったね。」、「7月3日は
仕事がお休みだね。どういたしまして!」すなわち、「イギリスが負けた
おかげで、独立記念日の前の日がお休みになったね」というフレーズを
メインに据えています。

 

 

7月4日の独立記念日前日の3日=Independece Eveは今年は金曜日にあたり、
同祝日を祝うために休暇を取る人、休みになる会社が多そうだということで、
「この休日をアメリカ人が楽しめるのは、イギリスが負けたおかげさ!」
というブラックユーモアを盛り込んできたのですね。

 

 

 

ニューカッスルのウェブサイトや店頭では、購入時に使えるクーポンを
提供するなどして、独立記念日を祝うパーティーやBBQなどで飲むビール
として同ビールを購入してくれるように後押ししています。

 

 

また、今夏は全米各地で試飲イベントの開催も予定しているのだとか。

 

 

 

さらに、ニューカッスルブラウンエールに対して、「独立記念日
イブの休日をくれてありがとう!」というサンキューメッセージビデオを
「#IndependenceEve」のタグ付けとともに投稿することで、ロンドン旅行
などの賞品が当たる企画にファンが自動エントリーされる企画も実施
しています。

 

 

 

今年は、より多くのパーティーやBBQでニューカッスルブラウンエールを
見かけることになりそうです。

 

 

 

 

※ニュースソース

※Agency Spy
http://www.adweek.com/agencyspy/droga5-curses-at-misconceptions-for-newcastle/88543

※BLACK BIRD PR NEWS
http://www.satprnews.com/2015/06/22/newcastle-brown-ales-latest-ad-reassures-new-fans-theyre-not-idiots-for-just-now-becoming-fans/

※Just Drinks
http://www.just-drinks.com/news/heineken-highlights-newcastle-brown-ales-light-side-video_id117320.aspx

※Food & Beverage Magazine
https://fb101.com/2015/06/newcastle-builds-on-successful-independence-eve-campaign/


メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!

教えて! あなたの

気になるあの人!

採用者にはプレゼントも♪

教える

コンテンツ