30秒枠4億円超!?バドワイザーが視聴者投票で2連覇!!~2014年スーパーボウルCM特集~|スゴい★PR


■スゴい★PR~アメリカからマーケティングのニュースを旬にお届け~■

 

 

30秒枠4億円超!?バドワイザーが視聴者投票で2連覇!!~2014年スーパーボウルCM特集~

 

読者の皆様、こんにちは。

アメリカで一番人気のスポーツの年に一度の総決算NFLの「スーパーボウル」が去る2月2日(日)に行われました。

既にご存知の通り、デンバー・ブロンコスVSシアトル・シーホークスの試合は、シアトル・シーホークスが
43対8という大差で圧勝しました。

superbowl00
※Picture:Screenshot of Fansided

 

この試合内容には、少なからず驚いた(落胆した)という人もいたのではないでしょうか?

さて、ゲームそのもの、ハーフタイムショーのパフォーマンスと並んで「スーパーボウル」の楽しみと言えば、「TVコマーシャル」です。今年は、FOXスポーツが、なんと30秒枠に「400万ドル(およそ4億1千万円)」を要求したということでさらなる価格高騰も話題になりました。

例年、各社、知恵とお金をつぎ込んだ力作を仕込んでくるのが習わしですが、今年はどんな結果になったのでしょうか?
「USA TODAY」が今年も行っている視聴者参加型の投票形式で順位を決定する「AD Meter」の結果を元に紹介したいと思います。

 

<<2014年スーパーボウルコマーシャル BEST5>>

1. Budweiser/バドワイザー 「Puppy Love」

2. Doritos/ドリトス 「Cowboy Kid」

3. Budweiser/バドワイザー 「Hero’s Welcome」

4. Doritos/ドリトス 「Time Machine」

5. Radio Shack/レディオシャック 「Phone Call」

 

上位5CMのうち、「バドワイザー」と「ドリトス」がそれぞれ2枠。
バドワイザーは昨年に引き続いての2年連続の「CMベスト1」獲得となりました。

ドリトスは今年も「参加型CMコンテスト」形式で、今回の2作品を選出。
どちらも、「子ども×ユーモア」で万人受けする内容となっていました。

※Doritos Crush Superbowl Website
https://www.doritos.com/us-en/base/finalists

それでは、今年のスーパーボウルCMの特徴とともに、いくつかの作品を(トップ5外も含む)紹介したいと思います。

 

●心温まるストーリーと映画のようなシーン。選ばれた言葉数でメッセージを伝える●

 

superbowl01
※Picture:Screenshot of Budweiser.com

 

<Budweiser/バドワイザー 「Puppy Love」>

http://youtu.be/uQB7QRyF4p4

昨年は同社のシンボルでもある「クライスデール」という品種の馬と牧童の心温まるストーリーで栄冠を手にしましたが、今年も再び「クライスデール」が登場。

しかしそれだけではありません。

CMタイトルの「Puppy Love」とある通り、「Puppy=子犬」が主役。
この子犬を見て可愛いと思わない人なんていないだろうというかのような、「完璧な子犬」です。

「クライスデール」が飼われている牧場でともに育っていた子犬は、次の引き取り先が決まっても、何度も何度も牧場に戻ってきてしまいます。

そして最終的には「クライスデール」と子犬の強い絆によって、両者は再び仲良く暮らすというものです。

こちらの動画、実はスーパーボウルの約1週間前からYoutubeなどにアップされ、アメリカを始めイギリスのメディアなども、この感動的な動画を大々的に紹介。

スーパーボウル当日前から、随分と話題になっていました。

<Budweiser/バドワイザー 「Hero’s Welcome」>

http://youtu.be/K7L5QByvXOQ

続いては、同じく「バドワイザー」の第3位にランクインしたCMです。

任務で家族から遠く離れていた兵士が、家族の元に帰ってきた時に、それを歓迎する「サプライズ」が仕掛けられていたという設定です。「アメリカっぽい」内容ですが、こちらも静かな音楽を背景に、心温まるストーリーで高評化を得ました。

 

<Chevrolet/シボレー「Life」>

自動車ブランドの「シボレー」は、「Cancer Survivors/ガンを克服した人」達を称える内容のCMを作りました。

ガンと闘った奥さんと、その旦那さんが、思い出の景色をシボレーのトラックで見に行くというストーリーで、こちらも本当にテロップなどの言葉は少なく、心に触れる音楽が印象的です。ちょうど、スーパーボウル明けの火曜日が「World Cancer Day」だったということもあってのタイミングでした。

 

●「Back to the 80's」、懐かしのキャラクターやスターがカムバック●

 

superbowl02
※Picture:Screenshot of San Francisco CBS Local

 

<Radio Shack/レディオシャック 「Phone Call」>

http://youtu.be/oUwwZHdx6SU

80年代にヒットした、著名人や映画主人公、キャラクターなどが、「レディオシャック」の店舗に押し寄せ、商品や内装までも、根こそぎ持ち去っていってしまう・・・。そして、店舗は新たに「今仕様」に生まれ変わるという内容。

「13日の金曜日のジェイソン」やエイリアン「アルフ」、悪魔の人形「チャッキー」などそうそうたる顔ぶれです。

ちなみに「レディオシャック」というと、「Best Buy」などの競合店と比較すると、「冴えない」印象が店内に漂っていると評価されていたので、自身を笑いの材料としながらも、「新しいレディオシャック」の誕生を予感させる内容でもあり、なかなかユニークだと、メディアなどを中心に高い評化を得たCMとなりました。

 

<Dannon Oikos Greek Yogurt/ダノンオイコス グリークヨーグルト 「The Spill」>

http://youtu.be/DrcaeAumAZo

1987年から放送され大ヒットロングランとなったホームコメディドラマ「フルハウス」の3人の男たちがカムバック。

唇のヨーグルトをキスでぬぐうというシーンから、ちょっと大人な内容でもありますが、往年の3人のドラマの中での面白ぶりを思い出させる内容でした。

ちなみに、オイコスのウェブサイトでは、さらに多くの動画が公開されています↓

http://www.oikosyogurt.com/bromance/

 

●アメリカを称え、家族を愛し、その多様性を受け入れる。世相を反映したCM●

 

superbowl03
※Picture:Screenshot of Rolling Out.com

 

 

<Coca-Cola/コカコーラ 「America Is Beautiful」>

http://youtu.be/443Vy3I0gJs

人種も出身もそれぞれ。民族の多様化が進むアメリカの世相を反映し、様々な家族のシーンをつづった映像と共に、ピュアな声音の歌が印象的なCM。

CMの歌は、「America the Beautiful」をEnglish, Spanish, Keres, Tagalog,Hindi, Senegalese French,Hebrewの
7か国語で歌ったものなのだそうです。

 

<General Mills Cheerios/ジェネラルミルズ チェリオス「Gracie」>

http://youtu.be/LKuQrKeGe6g

アメリカの家族の「多様化」を反映した夫婦と娘が、彼女に弟ができることを話題にテーブルを囲む内容です。家族の「愛」がテーマに。

 

<Chrysler/クライスラー 「America's Import」>

http://youtu.be/KlSn8Isv-3M

ボブ・ディランが登場し、他国から輸入することのできない、「アメリカのプライド」について語ります。

CM中に、「デトロイトが車をつくり、車がアメリカをつくった」というフレーズもありますが、自動車産業の低迷もあり、街が危機的な状態にいたったデトロイト。自動車メーカーとして、復興への決意の表れとも言えるような内容です。

いかがでしたでしょうか?

今年は、「ハートに訴えるメッセージがあり、抑えられた言葉の表現、印象的な音楽と映画のような美しい映像」がトレンドだったようです。

ちなみに、とは言え多数のセレブリティがお目見えしていたのも事実。
気になる方は、こちらのCM達もチェックしてみてください。

<T-Mobile/ティーモバイル 「#nocontract」>

http://youtu.be/tyK2UG334C8

NFLの名QBTim Tebowが出演。当人も昨シーズン「ペイトリオッツ」からFAとなった、「No Contract/契約なし」のご身分という、ユニークな配役。

 

<Bud Light/バドライト 「Up For Whatever Film」>

http://youtu.be/gKKVQLDYYcw

アーノルド・シュワルツネッガー、ドン・チードル、ワン・リパブリックなど豪華な顔ぶれ。

 

<Kia/起亜自動車 「The Truth」>

映画「マトリックス」でおなじみの「モーフィアス」ことLaurence Fishburne(ローレンス・フィッシュバーン)が登場。

http://youtu.be/Ob-wn52Dkmk

 

<H&M/エイチアンドエム 「David Beckham」>

デビッド・ベッカムのパーフェクトボディが披露されました。

http://youtu.be/6Q3eecVkubs

 

<HONDA/ホンダ 「hugfest」>

http://youtu.be/lKG4hu8TnHQ

ブルース・ウィリスが出演。残念ながら「Good Game」ではありませんでしたが・・・。

 

<Jaguar/ジャガー「British Villains」>

http://youtu.be/Yvc9j8wL7Wc

英国ブランドだけに、英国出身の俳優Ben Kingsley、 Tom Hiddleston、Mark Strongの3人が登場。
Tom Hiddleston(トム・ヒドルトソン)は映画「マイティ・ソー」の「ロキ」役でもおなじみ。

 

2014年スーパーボウルCMの全てのリスト&ランキングはコチラ

http://admeter.usatoday.com/story/sports/ad-meter/super-bowl/2014/02/03/ad-meter-story-final-ad-meter-rankings/5173807/?sf22359773=1

 

※ニュースソース

※Superbowl Commercials
http://www.superbowl-commercials.org/33428.html

※Entertainment Weekly
http://popwatch.ew.com/2014/02/02/super-bowl-2014-best-and-worst-commercials/

※News 10 abc
http://www.news10.net/story/news/local/community/2014/02/03/puppy-love-2014-ad-meter-winner/5177993/

※The Oregonian
http://www.oregonlive.com/entertainment/index.ssf/2014/02/super_bowl_2014_ads_the_comple.html

※Bleacher Report
http://bleacherreport.com/articles/1945828-radio-shack-makes-fun-of-itself-in-80s-2014-super-bowl-commercial

※USA Today
http://www.usatoday.com/story/money/business/2014/02/02/ad-meter-winner-story/5087939/

※San Francisco Gate
http://www.sfgate.com/technology/businessinsider/article/These-Were-The-5-Best-Ads-Of-The-2014-Super-Bowl-5199027.php


メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!