米発。Airbnbがハリケーン被災者救済プログラムを実施&同社の思慮不足のマーケティングに苦情も発生

ヒューレット秦泉寺 明佳

ヒューレット秦泉寺 明佳 [記事一覧]

愛媛県出身。大学卒業後、広島〜東京〜アメリカと移り住んだフリーランスライター。 通訳、英会話講師など英語スキルを生かした活動も行っています。趣味は料理、ホームパーティー、水泳、ハイキング。各国のユニークな広告やTVコマーシャルのウォッチで一日を費やしてしまうことも。


【SUMMARY】

 

・米テキサス州を襲ったハリケーン被害に対し、Airbnbが救済プログラムを実施し高評価
・奇しくも同タイミングで「水上の家に泊まろう!」キャンペーンを行い批判を浴びる

 

 

【STORY】

 

 

8月最後の週末に、アメリカテキサス州を襲ったハリケーン・ハービー(Hurricane Harvey)。

 

大西洋に発生したハリケーンの中で、今季初の大型ハリケーンとなったハービーは、テキサス州ロックポート付近に上陸前にはカテゴリー4に発達、同州に上陸したハリケーンとしては1961年以来最強のものとなりました。

 

事前からその脅威が警告されていたハービー。テキサス州やルイジアナ州では事前に住民の避難なども始まっていました。

 

沿岸部を中心とした浸水、建物の損壊や大規模停電など甚大な被害を引き起こし、住民の避難を余儀なくしたたハービーは、その後風速の弱まりから熱帯低気圧(Tropical Storm Harvey)に変わりましたが、その後もヒューストンなどにも大雨をもたらし、被害を引き起こしました。

 

 


Picture: ABC News

 

 

今回のハリケーンによって、多くの方が避難を余儀なくされ、住む場所をそして戻る場所を失い、また逃げ込むべきシェルターさえもないという状況が生み出されました。

 

そこで、こうした家を失った人たちにシェルターを提供しようとオファーを出したのが、エアビーアンドビー(Airbnb)です。

 

2008年にアメリカカリフォルニア州で創業したAirbnbは、世界中の例えば小さなアパートの一室からお城丸ごと貸切まで、様々な立地、価格、コンディションのユニークな宿泊施設を携帯電話やタブレット端末からオファー、検索、予約ができるシステムです。

 

通常はユーザーがシステムを利用する際には利用手数料を徴収しているAirbnbですが、今回はハリケーンの被災者を救済するという目的で、テキサス州のサンアントニオ、オースティン、ダラスの各都市で、8月23日水曜日から9月25日月曜日まで(当初は9月1日を期限としていましたが、その後Airbnbが期間の延長を発表)の期間は、Airbnbのホストの利用手数料(物件リスティング手数料:通常3%)を無料とする措置を採用し、特設ページを開設しました。

 


Picture: Airbnb Official Website

 

 


Picture: Airbnb Official Website

 

 

Airbnbがこのような自然災害の被災者への救済措置をスピーディーに取れた背景には、去る2012年にアメリカ東海岸を襲ったハリケーンサンディの大きな被害の際に、あるホストが状況を見かねて自身のNY市内のロフトを無料開放したことがきっかけとなって支援の輪が広がったことを受けて、災害対応プログラムを構築していたことがあります。

 

Airbnbは、ハリケーン・ハービーのテキサス州接近と甚大な被害予測を受けて、被災地域周辺の宿泊施設ホストに対してEメールを発信。ホストに対して、被災者に施設を提供してもらえるよう呼びかけ、同社のリストに登録してもらうよう依頼しました。

 

この結果、現時点で370軒超の施設が、被災者が無料で利用できるシェルターとしてウェブ上で公開されています(2017年8月29日時点)。

 

 

さて、今回のハリケーン・ハービーの被害に対しては、見事な対応力を見せたAirbnbですが、その一方では、奇しくもこのタイミングで不適切なマーケティングキャンペーンを行ったとしてユーザーから大ブーイングを浴びていました。

 

それがこちら。

 

 


Picture: Airbnb Official Website

 

 

浸水や大雨による河川の氾濫・洪水の未曽有の被害がテキサス州で発生している最中であったにも関わらず、Airbnbは` Floating World `、いわゆる水上の家や水上コテージへユーザーを誘うEメールを送信するマーケティングキャンペーンを行ってしまったのです。

 

Airbnbのスポークスマンはすぐに下記のような謝罪コメントを出すに至りました。

 

”The timing of this email marketing campaign was insensitive and we apologize for that.We continue to keep everyone affected by Harvey and all the first responders and their families in our thoughts.”

 

「今回のEメールマーケティングキャンペーンのタイミングは配慮に欠いていたことを謝罪します。私たちは常に、ハーベイによって影響を受けた方々やご家族の方々のことを思いやり続けます。」

 

 

 

※Airbnb  Official Website
https://ja.airbnb.com/

 

 

※ニュースソース

※abc13
http://abc13.com/airbnb-offering-free-rooms-to-harvey-evacuees/2339916/
http://abc7chicago.com/weather/hurricane-harvey-evacuees-offered-free-airbnb-stays/2350576/

※CNN
http://money.cnn.com/2017/08/29/technology/business/airbnb-hurricane-harvey-relief-program/

※The Drum
http://www.thedrum.com/news/2017/08/29/airbnb-waives-houston-fees-after-hurricane-harvey-floating-world-marketing-email


メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!

教えて! あなたの

気になるあの人!

採用者にはプレゼントも♪

教える