NZ航空の機内安全ビデオがダントツ面白い!最新作は米大女優ベティ・ホワイト出演のオールドスクール版|スゴい★PR

ヒューレット秦泉寺 明佳

ヒューレット秦泉寺 明佳 [記事一覧]

愛媛県出身。大学卒業後、広島〜東京〜アメリカと移り住んだフリーランスライター。
通訳、英会話講師など英語スキルを生かした活動も行っています。趣味は料理、ホームパーティー、水泳、ハイキング。各国のユニークな広告やTVコマーシャルのウォッチで一日を費やしてしまうことも。


※Picture:Screenshot of tree hugger

 

 

読者の皆様、こんにちは。

 

皆様は飛行機にどのくらい搭乗されますか?

お仕事で頻繁に利用されるという方もいれば、旅行やレジャーなど特別な時のみという方まで、その頻度は様々かと思います。とは言え、数回搭乗した経験があれば、「もう飛行機なんて慣れたもの!」という感覚ではないでしょうか。

 

そしてそうなってくると、飛行機が搭乗ゲートを離れてすぐに始まる、機内放送と客室乗務員さんによる、「機内安全の案内及びビデオ/セーフティビデオ」なんて、全く気にしなくなっているのではないでしょうか?

 

かくいう私も、仕事やプライベートで多くの飛行機に搭乗する機会が増え、一時期などは、登場して座席についたとたんに眠りこけ、「機内安全の案内」など全く気にも留めない状態になっておりました。

 

しかし、当の航空会社にとっては、「お客様の安全を守る」ことは大切な使命であり、もしもの時に備えて、その心の準備と協力をお願いすべく、こうした「機内安全の案内やビデオ、冊子」といったものを準備し、安全管理の徹底を図る努力をしています。

 

でも、やっぱり面白くないですよね、この「セーフティビデオ」。いえ、あるんです。ついつい見てしまう、面白い「セーフティビデオ」が。

数年前から、こうした「見てしまう仕掛け」を取り入れているのが、ニュージーランドの航空会社、「Air New Zealand/ニュージーランド航空」です。

 

ニュージーランド航空は、1940年設立の、ニュージーランドはオークランド市を本拠地とするスターアライアンス加盟の、オセアニア地域のフラッグキャリア。北米やヨーロッパ、アジア各国に路線を就航しています。

 

ニュージーランド航空の「売り」と言えば、エコノミークラスでさえもそのサービスクオリティが高い事が挙げられます。これは、ニュージーランドが地理的に世界各国から離れている(長距離)ということとも関係し、エコノミークラスにもフルフラットシートが採用されていたります。

 

そのため、これまで幾度も「トラベルアワード」や「エアラインオブザイヤー」などを受賞している、とても評価の高い航空会社です。しかし、それだけではありません!

何と言っても、この航空会社の面白いところは、その「セーフティビデオ」にあるのです。

 

ここ数年、この「セーフティビデオ」に並々ならぬ努力とアイディアを注いできた同社は、「MTVムービー・アウォーズ」「ベストパシフィックエアライン賞」を6年連続で受賞するという快挙を成し遂げています。

 

ちなみに、昨年の「セーフティビデオ」はこちら。Youtubeにアップロード後24時間で、全世界にかなりの反響を呼んだ面白い内容です。

 

Air NZ Hobbit Safety Video/ホビットバージョン

 

この時は、ちょうど昨年2012年11月28日にニュージーランドで初公開された映画

 

The Hobbit:An Unexpected Journey/ホビット 思いがけない冒険

 

に合わせてのリリースでその口コミ効果も抜群でした。ちなみにこの映画、主要な撮影は、ニュージーランドで行われました。

これだけではありません。
セーフティビデオを頻繁に更新することで知られる同社のこれまでの作品には下記のようなものがあります。

 

Air NZ All Blacks Safety Video/オールブラックスバージョン

こちらは、ラグビーの世界的な競合チーム、ニュージーランドのムキムキ集団(失礼!)
「オールブラックス」をテーマにしたもの。

 

Air NZ Fitness Safety Video/フィットネスバージョン

続いては、アメリカのフィットネスインストラクターRichard Simmons氏が踊りながら機内安全をガイドするバージョン。

 

●Air NZ Ed & Melanie's Safety Sketch Video/スケッチバージョン

こちらは少し風変わりな、全編「スケッチ」のセーフティビデオ。1分09秒あたりには、なんと「オバマ大統領」も出演しています!

 

さて、これまでも数々の面白セーフティビデオを世に送り出してきたニュージーランド航空が、
この度新たに発表したのが、アメリカを代表するコメディ女優「Betty White/ベティ・ホワイト」が案内する、「Safety Old School Style/セーフティ・オールドスクール・スタイル」バージョンです。

airnz写真2
※Picture:Screenshot of Technorati

 

Air NZ Safety Old School Style Video/ベティ・ホワイトバージョン

 

こちらは、ネット上に特設サイトも開設され、同時にキャンペーンを開催。

ユーザーは、これまでの「ユニークで、頓狂な面白い経験談」を投稿することで、アメリカはパームスプリングス、もしくはニュージーランドのクイーンズタウン7泊8日の旅が当たるチャンスが得られます。もしかすると、こうして集めたネタが、また新たなセーフティビデオのアイディアとなるのかもしれませんね。

※Safety Old School Website
http://www.airnewzealand.com/safetyoldschool/#.UmnAlL7SbIU

 

さて、こちらの最新ビデオ、公開2週間ほどで(2013年10月25日10時55分時点)、Youtube上のビューは178万5403回。(こちらの記事を書いている間にもビュー数はぐんぐん上昇していますが)

 

そして、これまでのニュージーランド航空のセーフティビデオの総ビュー数は、なんと2500万回!!!をゆうに超えるとか。セーフティビデオを侮るなかれ、ですね。

 

それにしても、日ごろ、真面目で何の変哲もないセーフティビデオに慣れている私にすれば、こんな賑やかで滑稽なフィットネスバージョン等が、突然機内で流れ始めたら、、、などと想像するだけで、なかなか面白く、搭乗が楽しみになりそうです。

 

※ニュースソース

※USA Today
http://www.usatoday.com/story/todayinthesky/2013/10/11/watch-betty-whites-latest-starring-role-on-air-new-zealand/2965293/

※The New Zealand Herald
http://www.nzherald.co.nz/business/news/article.cfm?c_id=3&objectid=11138130

※Global News
http://globalnews.ca/news/896303/watch-betty-white-stars-in-latest-air-new-zealand-safety-video/

※Huffinfton Post
http://www.huffingtonpost.com/2013/10/10/betty-whites-air-new-zealand-safety-video_n_4045355.html


メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!