「どこまでも露出していく女の子たち…」 ヘソ見せ、ブラ見せの次は…!

鈴木 俊二

鈴木 俊二 [記事一覧]

http://grfft.com/

47歳 東京都在住 株式会社グラフティ代表取締役 雑誌『Tokyo graffiti』編集長 福島県生まれ 大学より上京 早稲田大学法学部卒業。 ファッションビルの運営会社のサラリーマン時代を経て、2004年『Tokyo graffiti』創刊より現職。 趣味はスーパー銭湯のアカスリとSF小説の読書と柴犬の散歩。妻、娘、犬と3人1匹暮らし。


Vol.3
「はじめに『願望』ありき。マーケティングはあとづけ」

「どこまでも露出していく女の子たち…」

 

ヘソ見せ、ブラ見せの次は…!
 
 
僕が編集長をしております雑誌「東京グラフィティ」では、
いろんな街にいるいろんな人たちを10年近く撮影してます。
原宿のオシャレさんから、巣鴨のおじいいちゃんまで、
東京はいろんな人がいて楽しいところであります。
 
そんな中、「セクシーギャル」というジャンルの女の子たちも、
不定期で撮影してます。ヘソ見せ、ブラ見せは、もはや当たり前ですが…。

来ました!
パン見せです。

どう見せるって、
下からではないです。
前の上、おへその下でございます。
ショートパンツなどを、思いっきりピップハングにずり下げて、
素敵なお色のヒモパンらしきご神体を、スバッとご拝謁させちゃうのです。
 
   「東京グラフィティ8月号・東京人スナップ・渋谷道玄坂」     いやー、生きててよかった、おじいちゃん。     21世紀って素晴らしい。人生ってなんて美しい…。
「東京グラフィティ8月号・東京人スナップ・渋谷道玄坂」
    いやー、生きててよかった、おじいちゃん。
    21世紀って素晴らしい。人生ってなんて美しい…。
 

3000円拾う、それ以上の幸せとは。
 
以前、編集部の会議で、パンチラはどのくらいうれしいか、という議題になりました。
(なぜその議題にという事はおいといて)

街でカワイイ子のミニスカートが、風であおられ、
その場に居合わせた自分が、もろにパンチラを見れたら…。

みなさんにとって、それはいくらお金を拾うよりも価値がありますか?
 
弊社男子の真剣な会議の結果、
それは500円を拾うより当然嬉しく、1000円も余裕でオーバー。
3000円拾うよりも嬉しい!
という結論になりました。
 
んー、なんかこの結論に満足満足。なぜか安心。
そんな達成感の空気の中、
女子社員は、やはり呆れ顔でありました。
 
やっぱり女子にはわからないんですね。
パンチラに遭遇したときの、
この嬉しさ、このラッキーさ、この人生の甘美な瞬間、
生きている事への純粋な感謝…。
 
この喜びを知らずして、何が楽しいのでしょうか? 
それで生きていると言えるんでしょうか?
僕はこのことを思うと、
「あ〜男に生まれてよかったぁ〜」と、体の芯から感じるのです。

しかし、若手の草食男子は、そんな嬉しくないみたいです。

 
女に生まれかわって、これだけは言いたい!
 
 
試しにその会議で女子に聞いてみました。
男子の短パンのすき間から、パンチラが見えたら、あるいは上からギャランドゥがチラッと見えたら(ギャラチラ)、
いくら拾うぐらい嬉しい? と。
答えは、はい、知ってましたが、やはり0円でした…。
 
はぁ~、なんて無味乾燥な人生なんでしょう。
 
…すみません。いい加減不快です、と女性から怒られそうです。
ごめんなさい。
 
でも、本当は、生まれ変わるなら僕は「女」に生まれたいんです。
女に生まれて、どうしてもしたい事があるんです。
 
それは、週末のクラブ。あるいは昔のディスコ。
女に生まれ変わった私は、
思いっきりセクシーなミニスカートをはいて、
ライトを浴びながら、バキバキに踊ります。
当然チャラチャラした男がナンパに来ます。
無視して踊っていても、次から次へと…。
 
そこでつぶやきます。
 
「もうナンパうざい。踊りに来てるだけなのに」

…あ~、言ってみたい!!! ものすごく言ってみたい。

もちろんそう言いながらも、エロエロにちょっと挑発的に踊っちゃったりするんです。
 
 
お釈迦様を誘惑…
 
叶わぬ夢はそのぐらいにして、
いったいこんなしょーもない話とマーケティングと何が関係あるのか?
 
えーと、それは…
男子はますます草食化、というか粗食、へたすりゃ断食化していく、ということ。
そうなると、女子も種族保存の本能フル発揮で、
ますます肉食化、超肉食猛獣化していく、ということです。

しかし、超草食の粗食化した男子は、ちょっとやそっとじゃピクンとも反応しません。
もはや「上からパン見せ」どころじゃ、焼け石に水、
お釈迦様を誘惑するより難しいレベルになっています。

しょうがないです。
そろそろ、あの辺も出してくるでしょう。
パリコレあたりでは10年以上前からやってるアレです。
そう、シースルーです!
 
数少ない肉食男子のみなさん(筆者含む)、お待たせしました。
 
もうすぐ、街角にシースルーが溢れてきます。
いや、あそこまでは来ない、って?
いや、来る。きっと来る~!
というか来い! 来て。 来てください。
東京グラフィティ編集部は、必ずや取材します!
 
もし、自分が交通事故か何かで急死したとして、
その翌年の夏から、街でシースルーが大ブレーク! なんて事になったら、
絶対成仏できません。僕の人生は何だったんだぁ、と死んでも死にきれません。
 
なので、いい加減そろそろ、おっぱい丸見えシースルーが街に出てくるはず。
はじめに願望ありき、なんです。

 

「求めよさらば与えられん、叩けよさらば開かれん」

 

…低俗な文章に引用してしまい申し訳ございません。
 
 
PHOTO.002__
 上からパン見せでもダメなら、下からオムツ見せだぁ~。…毎度すみません。

 


メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!

教えて! あなたの

気になるあの人!

採用者にはプレゼントも♪

教える