「パンケーキの日」にちなんで、レストランチェーンIHOPが無料でパンケーキを提供!善意の寄付は子どもたちへの医療ケア充実に!!|スゴい★PR


■スゴい★PR~アメリカからマーケティングのニュースを旬にお届け~■

 

 

「パンケーキの日」にちなんで、レストランチェーンIHOPが無料でパンケーキを提供!
善意の寄付は子どもたちへの医療ケア充実に!!

 

読者の皆様、こんにちは。

2014年3月4日は、何の日だったかご存知でしょうか?

世の中には「●●の日」と定められたものがたくさん存在しますが、アメリカやイギリスなどでは、

Pancake Day/パンケーキの日

でした。

ihop写真00
※Picture:Screenshot of IHOP Official Facebook Page

 

ちなみに、この「パンケーキの日」は、毎年3月4日というわけではなく、例年2月か3月のある火曜日にやってきます。

というのも、この「パンケーキの日」として広く知られる祝日はキリスト教の行事と関係していて、四旬節の初日(Lent期間の初日)である灰の水曜日(Ash Wednesday)の前日が毎年パンケーキの日となり、復活祭(Easter)に連動して移動する祝日なのです。
(※祝日といっても、アメリカでは「お休み」ではありません)

ちなみにこの「パンケーキの日」のはキリスト教に関連しての正式名称は

Shrove Tuesday/告解の日

と呼ばれています。

この名称は、キリスト教徒たちが過去に経験した告解の儀式(自らの罪を告白し、その赦しを受ける)にちなんだ名前だそうで、「悔い改める日」でもあります。

またその一方で、キリストが復活したとされる日=イースター(復活祭)までの40日間を受難にともに耐えるように過ごすということで断食などを行う伝統の四旬節の前の最後の日ということで、家の中にある、四旬節期間中に口にすべきでない残り物を片付けるべく、皆でご馳走を食べて祝い、翌日からに備える日でもあったのだそうです。

とりわけ四旬節の間、キリスト教徒の中で今日でも食べることを控える物として肉、脂肪や卵や乳製品などがあります。

この「卵」「乳製品」といった断食の間キープしておけないものを小麦粉に混ぜて消費できるのが「パンケーキ」ということで、とりわけイギリスやアイルランドなどではこの日に「パンケーキ」を食べる習慣ができたのだそうです。

さて、この「パンケーキの日」ですが、アメリカでは「パンケーキ」で知られるレストランチェーンがこの祝日を活用したPRを行いました。

それが、

「IHOP/アイホップ」

ihop写真01
※Picture:Screenshot of choircity.com

 

※IHOP Official Website
http://www.ihop.com/

この「IHOP」ですが、その名前は「International House Of Pancake」がそもそものオリジナルであり、「各国のパンケーキ」をはじめとする朝食メニューが食べられるレストランとして成長してきました。

そして徐々にその長いオリジナルの名前の使用がなくなり、今では「IHOP」として事業を展開しています。

ちなみにこの「IHOP」、「パンケーキ」ということでなんとなく「朝ごはん」のイメージが強いのですが、ほとんどの店舗は朝6時から深夜まで営業、中には24時間営業の店舗もあるなど、かなり精力的に営業しています。

そのためか、メニューも実は様々で、

ihop写真02
※Picture:Screenshot of IHOP Official Facebook Page
ihop写真03
※Picture:Screenshot of IHOP Official Facebook Page
ihop写真04
※Picture:Screenshot of IHOP Official Facebook Page

 

オムレツ、フライドチキン、クレープ(食事・デザート両方)、サンドイッチにはたまたハンバーガー&フライドポテトなどまで揃っています。

さて、その「IHOP」がこの「パンケーキの日」を、PRの機会として活用し、実施しているのが、2006年からスタートした「National Pancake Day」を祝うイベントです。

仕組みは簡単。

パンケーキの日に限り、パンケーキが無料で食べられます!

というものです。

ihop写真05
※Picture:Screenshot of IHOP Official Twitter Page

 

※IHOP National Pancake Day Website
http://www.ihoppancakeday.com/

そしてそれと同時に、来店者に呼びかけているのが「善意の寄付」。

寄付の行先は、「Children's Miracle Network Hospitals」というところで、同組織は、子どもたちへの医療ケアを充実させるべく、医療設備の購入、先進先端医療の提供、無料の健康診断の実施などを、アメリカ・カナダの170の病院への寄付金を還元するなどしてサポートしています。

ihop写真06
※Picture:Screenshot of IHOP Official Website

 

「IHOP」が2006年にこのパンケーキの日×善意の寄付というイベントをスタートさせて以来これまでに集まった寄付総額は、1300万ドル(13億円)に到達。

今年は、単年で「3億円」の寄付を目指したのだそうです。

「●●の日」を設定して、企業や商品のPRに使うというのは世界各国共通ですが、この「IHOP」は本当にこまめに「●●の日」を、同社自身が楽しんでいるようです。

今年に入ってからだけでも、

1月5日=ホイップトッピングデー

ihop写真07
※Picture:Screenshot of IHOP Official Facebook Page

 

2月13日=イタリアンを食べようの日

ihop写真08
※Picture:Screenshot of IHOP Official Facebook Page

 

2月26日=イチゴの日

ihop写真09
※Picture:Screenshot of IHOP Official Facebook Page

 

といった具合で,FacebookやTwitterに食欲をそそる(&来店を促す)投稿をアップしています。

「イタリアンを食べようの日」などは、「IHOP」のメニューでいけば「イタリアンチキンパスタディナー」位しかあてはまらないようにも思いますが、まあやったもん勝ち(笑)、その心意気と行動力には何か学ぶところもありそうです。

 

※ニュースソース

※Examiner.com
http://www.examiner.com/article/national-pancake-day-2014-free-ihop-pancakes-across-the-u-s-a-on-march-4

※Herald Mail Media
http://www.heraldmailmedia.com/news/tri_state/west_virginia/citizens-fire-co-continues-traditional-shrove-tuesday-pancake-day/article_9db9bbe0-a275-11e3-bb06-0017a43b2370.html

※CBS Detroit
http://detroit.cbslocal.com/2014/03/04/celebrate-national-pancake-day-with-free-short-stack-at-ihop/

※TIME
http://business.time.com/2014/03/03/pancakes-are-free-free-free-at-ihop-on-tuesday/

※abc 10 News
http://www.10news.com/news/ihop-to-give-free-pancakes-in-celebration-of-national-pancake-day


メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!