ちょっと真面目に、今後の販売員の日常業務を考えてみる

吉原 隆

吉原 隆 [記事一覧]

http://www.united-arrows.co.jp/

経歴:UA一筋
1990年~2000年:UA業態PR(販売促進)
2000年~2012年:District UNITED ARROWS 店舗勤務2005年より店長就任
2012年2月より原宿本店メンズ館地下フロアに販売兼店舗PRとして現在に至る


Vol.8
「創造する商人」

 

店頭における販売員の業務というのは、品出しや商品整理など店内物流業務が半分近くを占めているのが実情です。

接客業務に突入しても、在庫探しで大半を費やしてしまうことも。1日中接客っていうのもキツイのですが、接客以外のいろいろな業務をこなしながら販売業務をするというのが、現代における販売員の役割となっています。
高感度なショップの販売員でも現状は同じ様な傾向にあると思われます。問題なのは、キャリアアップの可能性に関しても、スピードは遅く、限られてきてしまうということでしょう。

 

もし、店舗販売員が店内物流業務から解放されたら?

① より専門的に接客に集中できる。
② 販売効率も上がる。
③ 給与水準が改善される可能性も考えられる。
④ キャリアアップの可能性も広がる。

最近よく“ショールーム型ストア”と言う言葉をよく聞きます。

簡単に言えば、在庫を積み上げずに驚異的な販売効率で実績を作るもしくは運営する事で、例えば「アップルストア」が分りやすいと思います。
同一品番を継続して多数販売する確立されたMDですね。

 

セレクトショップのレヴェルでも簡単には移行出来ないのが現状ですが、
52週MDでの追加対応で売れ筋を追加していくやり方では難しいとしても、5週間隔でトレンド動向に対応出来る商品投入ができるようになってくれば、若干の差別化は出来るのではないかと考えます。
理想はこの戦略がしっかり軌道に乗れば、販売員の待遇改善も夢じゃないかもしれません。
販売員というこのお仕事、さあ、楽しみましょう!

 

今年のメンズファッションにおけるトレンドを身に着ける!

さて、話は変わりますが、まだまだ冷え込む日が続くものの、店頭はすっかり春夏の気分です。

今年は特にフラワープリント(花柄)が大盛況でキています!

 

“kolor”

まさに花柄ジャケット!夏にTシャツの上に羽織りたいですね。

kolor

 

“Sacai“

少し派手なシャツ型ブルゾンです。

Sacai

 

“DORIS VAN NOTTEN”

これはポケットチーフです。さりげなく少しだけ見えるように入れて下さい。

DORIS VAN NOTTEN

 

“DORIS VAN NOTTEN”

気恥ずかしい方は、タイで取り入れるのをおススメ致します。

DORIS VAN NOTTEN

 

“KENZO”
“KENZO”は波柄といいましょうか。
夏に取り入れるならこんな感じで着る事をおススメ致します。

KENZO

 

1月のお買い物(お気に入り!)

最後に、最近のお買い物をご紹介。それは、”AIR MAX LUNAR90 c3.0” (¥14,700-)。

AIR MAX LUNAR90 c3.0

1990年に発売された3代目ナイキ エアマックス。
このモデルから、プラスティックパーツなどが使われハイテク化が進んだように思います。

2014年、様々なイノベーションを加えてアップデート。
”LUNARLON”を搭載し、更なるクッション性を向上しています。そう、「クッション性の向上」、これが本当に素晴らしい。

この“LUNARLON”をご紹介すると…、
『…ある時、月面を歩く宇宙飛行士の姿を見ていたNIKEフットウエアデザイナーが「アスリートの履くシュ-ズにこの月面歩行の感覚を取り入れられないだろうか?」と考え、航空宇宙業界のトップエンジニア達に協力を要請し完成した超軽量、高弾力のクッション素材。
まるで「月=ルナ」にいるかのごとくアスリート達がどんな風に宙を舞っても安全に着地できるという意味を込め "LUNARLON"と名づけられました。』
ということだそうです。

この会社には、まだまだ夢がありますよね。「昔は良かったね」で終わらないモディファイ加減が最高にシビレます!
でも理屈抜きにカッコイイし、最高の履き心地です!

さて、「にっぽんのマーケター」ご覧のみなさん、本年も宜しくお願い致します!


メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!