仏高級水着ブランドが仕掛けた米TV番組へのプロダクトプレイスメントが裏目に!?


Picture:Screen shot of Vilebrequin online store Website

 

『VILEBREQUIN』

 

この単語/名前を知っている、もしくは聞いたことがある、さらには使っているという方はいらっしゃるでしょうか?

 

ちなみに、読み方は、『ビルブレクイン』

この単語は、英語ではなくフランス語で、その意味するところは、「Crankshaft/クランクシャフト」

 

この「クランクシャフト(クランク軸)」は、エンジンの構成部品の一つなのだそうですが、詳細は割愛しますので、ご興味のある方はこちらから。

※クランクシャフト Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%95%E3%83%88

 

さて、本題に戻しまして、この『ビルブレクイン』、実はその単語の元の意味からは想像がつかないのですが、ラグジュアリーアパレルブランドのブランド名なのです。1971年にフランスのサントロぺ生まれの同ブランドは、男性用スイムウェアのブランドとして、、ニューヨーク、ビバリーヒルズ、パリ、ミラノ、ケープタウン、ベイルート等のラグジュアリー都市を中心に広く知られています。

 

Vilebrequin Designer Mens & Boys Swimwear - Swimming Trunks, Swim Shorts, Casual Resort & Surf Wear, Mens Linen Pants, Shirts & Shorts Clothing
※Vilebrequin online sotre website
http://www.vilebrequinonlinestore.com/

 

同ブランドのスイムウェアの特徴は、スピンネーカーキャンバスという日光や風で簡単に乾く、ヨットのセールに使用されている素材を表地に使用し、また、インナーは、履き心地の良いコットン100%のメッシュ素材という卓越された機能性と、そのカラフルなプリントにあると言われています。

 

ちなみに、男性用スイムウェアの価格はというと、おおよそ、1着200ドル~という高値設定。庶民にはなかなか手が届かない、高級ブランドでもあるのです。

 

さてそんな『ビルブレクイン』ですが、ここにきて、よりブランドの知名度、認知度を上げようと、あるアメリカのTVショーの出演者の衣装として、メディアに登場しました。

その番組というのが、

『The Bachelorette』

※The Bacjelorette Official Website
http://beta.abc.go.com/shows/the-bachelorette

 

こちら、アメリカabcで月曜夜に放送されている人気リアリティーお見合い番組で、1シーズンを通して、複数の男性が、一人の未婚女性(=Bachelorette)のハートを射止めるべく奮闘する、コンテスト形式のTVショーなのです。

 

6月17日(月)放送のエピソード内で、プロダクト・プレイスメントにチャレンジし、より多くの人に、同ブランドを知ってもらおうとした試みなのですが、早くも業界各方面からは、疑問符が上がっているそうです。

 

Vilebrequin 写真3bacherolette

 

というのも、先述の通り、こちらのブランド、スイムウェア200ドル、ポロシャツ150ドル、ものすごくシンプルなTシャツですら85ドルもする高級ブランド。そんなブランドのカスタマーとなりうる視聴者層が、どれだけこの「お見合い番組」にいるのか?というのが、その最たる疑問なのです。

 

TV番組や映画など、オンスクリーンでのプロダクト・プレイスメントは大変効果的なPR手法だと言われていますが、その番組チョイスを誤ると、これまでに培ってきたブランドイメージが、もろくも崩れ去ることにもなりかねないようです。

 

※ニュースソース
Los Angels Times
http://www.latimes.com/features/image/alltherage/la-ar-bachelorette-beefcakes-in-vilebrequin-swim-trunks-huh-20130612,0,1911641.story


メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!