"ファーストフードのハンバーガーは1個$5まで"の壁に"最もアメリカらしい"愛国ハンバーガーが挑戦!

ヒューレット秦泉寺 明佳

ヒューレット秦泉寺 明佳 [記事一覧]

愛媛県出身。大学卒業後、広島〜東京〜アメリカと移り住んだフリーランスライター。 通訳、英会話講師など英語スキルを生かした活動も行っています。趣味は料理、ホームパーティー、水泳、ハイキング。各国のユニークな広告やTVコマーシャルのウォッチで一日を費やしてしまうことも。


 

 

"ファーストフードのハンバーガーは1個$5まで"の壁に"最もアメリカらしい"愛国ハンバーガーが挑戦!

 

 

 

読者の皆様、こんにちは。

 

 

アメリカのファーストフード業界内での商品価格設定には

 

 

「5ドルの壁」

 

 

があるのをご存知ですか?

 

 

carlsjr写真00
Picture:Screenshot from Rumbling Tummy

 

 

ハンバーガーやサンドウィッチ、ラップ類などのメインメニューの
単品価格が1個5ドルを超えると、消費者に受け入れられないという
暗黙のルールのようなものが存在しているのです。

 

 

昨年、「ウェンディーズ」が試験的に「ブリスケットビーフチーズ
バーガー」を5ドル99セントで販売したという報道がなされましたが、
結局昨年9月に正式販売となった時には、「プルドポークチーズバーガー」
(写真下)として4ドル99セントでの登場となりました。

 

 

carlsjr写真01
Picture:Screenshot from Billboard

 

 

また同じくウェンディーズから先月お披露目された「ハラペーニョ
フレスコスパイシーチキンサンドウィッチ」や「ベーコンアンドブルー
オンブリオッシュ」も同じく5ドルの壁をわずかに下回る4ドル99セント
の設定になっています。

 

 

他にも、「ジャックインザボックス」の「スパイシーシラチャバーガー」
は4ドル59セント、「バタリージャックアップスケールバーガー」は
4ドル49~79セントの設定ですし、「マクドナルド」が最近お披露目した
「サーロインサードパウンドバーガー」(写真下)も4ドル99セントの
価格設定になっていました。

 

 

carlsjr写真02
Picture:Screenshot from Brand Channel

 

 

 

こうしたウェンディーズやマクドナルド、バーガーキングなどの
ファーストフードチェーンのハンバーガーは、アメリカでは
「Quick Service Burger」と呼ばれていますが、こうしたファースト
フードチェーンを少しだけグレードアップした飲食店群の提供する
ハンバーガーは「Casual-dining burger」、「Fast-casual burger」
などと呼ばれています。

 

そして後者の価格設定おいては、5ドルの壁はなく、例えば「シェイク・
シャック」の「シャックバーガー」は5ドル19セントから、「スマッシュ
バーガー(シカゴ店)」でのハンバーガーは最低価格は4ドル99セント
ですが、最高値商品は単品で7ドル29セントの商品も展開しています。

 

 

 

さて、このファーストフード業界の5ドルの壁に今回果敢に挑もうと
しているのが、米西部・南西部に1400店舗近くを展開している

 

「Carl's Jr/カールスジュニア」

 

と、同チェーンの姉妹チェーンで、米東部・中西部などに店舗展開
をしている

 

「Hardee's/ハーディーズ」

 

です。

 

 

carlsjr写真03
Picture:Screenshot from Hunt for Freebies

 

 

 

ちなみに「カールスジュニア」は1989年から大阪に6店舗出店して
いましたが数年で撤退してしまいました。しかし、今年の秋ごろにも
「ミツウロコグループホールディングス」と提携し、日本に再進出
を果たすことが報道されたのが記憶に新しいところですね。

 

 

 

さて、アメリカでは、今月25日が「メモリアルデー」、そして7月4日の
「インディペンデンスデー」と、全米各地で様々なイベントが開催
され、一年の中でも国民の愛国心が高まる時期がやってきます。

 

 

また、これから夏にかけては、屋外で「BBQグリル」を用いてつくる料理や
ホームパーティーなどが一層盛んになってきます。

 

 

そしてこのアメリカ人の愛してやまない行事「裏庭BBQ」に欠かせない定番
メニューと言えば、ハンバーガーにソーセージ、そしてポテトチップスです。

 

 

この3つのアメリカ人の最愛アイテムを1つのハンバーガーにぎゅっと凝縮し、
これぞ最もアメリカ的なハンバーガーだとして5月20日から販売されるのが、

 

 

「The Most American Thick Burger」

 

 

calrs写真04
Picture:Screenshot from Huffington Post

 

 

 

こちらは、縦半分にしたソーセージに、ポテトチップスブランド「レイズ」の
ケトルクックポテトチップ、100%ブラックアンガスビーフのパティという3つの
最愛アイテムに、アメリカンチーズ、トマト、レタス、ピクルス、ケチャップと
マスタードをバンズで挟んだハンバーガー。

 

1030カロリー、脂質64グラム、塩分2350ミリグラム

 

という、ヘルシー志向などどこ吹く風といった呈の強烈なハンバーガーに
なっています。

 

 

 

6月1日からは、"Patriotic/愛国ムードあふれる"TVコマーシャルもオンエア
予定。出演するのは人気のロデオ騎手、ダグラス・ダンカンに、美人
モデルのサマンサ・フープス。

 

carlsjr写真05
Picture:Screenshot from Business Wire

 

 

星条旗柄のビキニに身を包んで、ジャグジーバスに入り「最もアメリカらしい」
ハンバーガーをほおばる美女モデルに、自由の女神像、ロデオ騎手が運転する
ピックアップトラップという、これぞアメリカという内容になるのだとか。

 

 

 

とここで今回のハンバーガーの発売にあたって多くのアメリカ人から聞こえて
きそうなのが、

 

「ベーコンは???」

 

という質問の声です。

 

 

ベーコンももちろんアメリカ人最愛アイテムの一つですし、ハンバーガー
に挟んでNGな食材でもありません。

 

これに関して、カールスジュニア、ハーディーズ両チェーンのCMOを務める
ブラッド・ハーレイ氏は、

 

 

「もしそう考えるなら、ソーセージだって(ベーコンと同様に)塩漬肉
だし、ハンバーガーに同じような風味を与えてくれるよ」

 

 

と回答しています。

 

 

個人的には、これ以上の食材を挟んでくれなくとも良いと思ってしまいますが、
アメリカの人たちがこれまでのタブーを破った5ドル越えのハンバーガーに
どのような反応を示すのか、明日からの販売経過が楽しみです。

 

 

 

※ニュースソース

※Bro Bible
http://www.brobible.com/life/article/carl-jr-american-hamburger/

※Huffington Post
http://www.huffingtonpost.com/2015/05/14/carls-jr-most-american-thickburger_n_7285596.html
http://www.huffingtonpost.com/burgerbusiness/has-carls-jr-smashed-the_b_7324272.html

※abc
http://abcnews.go.com/Health/wireStory/carls-jr-hardees-top-burger-hot-dog-chips-31038682

※Consumerist
http://consumerist.com/2015/05/14/hardeescarls-jr-slaps-a-hot-dog-potato-chips-on-a-cheeseburger-calls-it-most-american-thickburger/


メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!

教えて! あなたの

気になるあの人!

採用者にはプレゼントも♪

教える