コネクションでメディアに出られるわけではない

野呂 エイシロウ

野呂 エイシロウ [記事一覧]

放送作家/戦略的PRコンサルタント 「天才たけしの元気が出るテレビ」で放送作家へ。「鉄腕DASH」「特命リサーチ200X」「奇跡体験アンビリバボー」などを構成。放送作家で培ったテレビ番組をヒットさせるノウハウを、企業広報にいかす戦略的PRコンサルタント。コミュニケーション戦略のプロフェッショナル。 著書に、『テレビで売上100倍にする私の方法』(講談社)、『プレスリリースは ラブレター』(万来舎)、『稼ぎが10倍になる「自分」の見せ方・売り出し方』(フォレスト出版)、『「話のおもしろい人」の法則』(アスコム)『ネクタイを毎月3本買う人はなぜスゴイ仕事ができるのか』(祥伝社)など。

LINEで送る
Pocket

Vol.11
「売上UPは視聴率UPより簡単!?」

 

 

広報活動において、大きな勘違いがある。

それは、コネクションさえあれば広報がうまくいくということである。

それは大きな間違いである。

 

多くの人が、メディアの人と知り合いになればいいと思っているがそれは大きな間違いである。

 

全く知らなくてもOKである。

大切なのは、内容である。

伝える内容に価値があるかどうか?

それが全てである。

 

もちろん、知っていたほうがいいに決まっているが、

コネクションだけで出られているわけではない。

ちょっと入り口の住所を知っているのに過ぎない。

 

大切なのは情熱である。

情熱がマスコミの心をうごかすのである。

 

ボクはよく、恋愛と一緒といいます。

広報の仕事は恋愛と一緒だと思います。

相手の心を動かすのが広報です。

相手の頃を好きになり、そして動かす。

 

そのために番組を見て、

雑誌も見て、

興味を持ち、分析をして、アプローチをするのである。

 

恋愛と一緒である。

好きな相手ができれば当然調べる。

好きな食べ物から好きな場所まで調べることだろう。

 

それと一緒である。

広報は恋愛と一緒である。

さあ、調べて動こう。

7028218033_d3ef8ed3f9_z

 

恋愛も知っていると言うだけで恋に落ちたりはしない。

コネクションがあるというだけで恋愛関係になったりはしない。

そんなこといったら、ボクは沢山の芸能人と恋に落ちることになる。

まずはそれと一緒である。

 

そして、人は恋愛を多くの人と一緒にすることが出来る。

浮気もその一つだろう。

広報も一緒だ。

一箇所だけに限らずどんどん恋愛をしてゆけばいい。

 

こだわっていると、チャンスを逃す。

恋愛で大切なのは、ある特定の人と恋をすることではない。

恋をして自分が幸せな気分になることである。

そのためにAさんが好きになるのだろう。

 

それと一緒だ。

広報も幸せになるためにするのである。

そのために、ある媒体にあたり、駄目なら次へ。

その繰り返しである。

その連続が、成功の秘訣である。

 

こだわらない。

次へと進む。

それが広報の成功の秘訣。

もしかすると、恋愛も同じかもしれない。

 

515izlmcsul-_sx347_bo1204203200_

 

LINEで送る
Pocket

mautic is open source marketing automation