「おばあちゃん」「きゅうり」「ディスコで踊るおじさん」をCM素材に使った、「気持ちよさ」が売りの意外な商品とは?

ヒューレット秦泉寺 明佳

ヒューレット秦泉寺 明佳 [記事一覧]

愛媛県出身。大学卒業後、広島〜東京〜アメリカと移り住んだフリーランスライター。 通訳、英会話講師など英語スキルを生かした活動も行っています。趣味は料理、ホームパーティー、水泳、ハイキング。各国のユニークな広告やTVコマーシャルのウォッチで一日を費やしてしまうことも。

LINEで送る
Pocket

「おばあちゃん」「きゅうり」「ディスコで踊るおじさん」をCM素材に使った、「気持ちよさ」が売りの意外な商品とは?

 

 

 

読者の皆様、こんにちは。

 

 

今回ご紹介するのは、日本が世界に誇る「世界のオカモト」こと、
「オカモト株式会社」のアメリカ法人「Okamoto USA, Inc.,」が
放ったユニークな広告キャンペーンです。

 

 

okamoto写真00
Picture:Screen shot from オカモト株式会社公式Twitterページ

 

 

※Okamoto USA Official Website
http://www.okamotousa.com/

 

 

 

1934年に設立され東京都文京区に本社を構える同社は、ゴム製品を
中心に製造販売しており、アメリカでの本社はオハイオ州サンダスキー
という町に置かれています。

 

 

okamoto写真01
Picture:Screen shot from オカモト株式会社公式ページ

 

 

 

ちなみに皆様、同社が一体どんな企業が具体的にご存知でしょうか?

 

女性よりも男性に馴染みが深いかもしれないこちらの企業。

 

 

柱となる事業は、生活用品事業と産業用製品事業の二本立て。
後者では、壁装材や業務用ラップ、作業用テープ、ビニールハウス
などに使われるフィルム材などを生産していて、とりわけ最近
注目を集めているのが、同社の開発した新素材オカモトTPU
「プリオール」(ウレタンレザー)です。

 

こうした産業用製品の高い技術力と優れた品質でも世界的に知られる
同社ですが、一般に広く消費者に知られているのは、使い捨てカイロ、
ゴム手袋、水とりぞうさん、入浴剤や殺虫剤などの生活用品では
ないでしょうか。

 

 

そして、もう一つ。忘れてはいけない同社の主力商品と言えば、

 

 

okamoto写真02-01
Picture:Screen shot from Okamoto USA Official Website

 

 

okamoto写真02
Picture:Screen shot from Okamoto USA Official Website

 

 

そう、「コンドーム」です。

 

 

同社の製造販売するコンドームは、その「薄さ」で世界的によく
知られていますが、現在アメリカで主に販売されているのが、写真の
「Zero Zero Four」という、厚さ0.04ミリのコンドームです。

 

 

 

そしてこれまでのコンドームの広告キャンペーンやCMと言えば、該当
製品を使用すると、どれだけの「気持ちの良さ」や「快感」を得られる
のかというイメージを、いかに消費者に伝えるのかが中心となって
いました。

 

 

が、今回のOkamoto USAのアプローチは全く異なり話題となっています。

 

2010年から同社のエージェントシーとして活動している、アメリカは
クリーブランドの広告代理店Marcus Thomasが、とっても低予算で
制作した3つの動画をご覧ください。

 

 

 

※オカモトのコンドームの凄さを伝える3つのシリーズ動画はこちら

 

"Grandmother"
 

 

 

"Sliced Cucumber"
 

 

 

"Disco Neighbor"
 

 

 

 

これら3つの動画に共通の締めくくりのフレーズは、

 

 

"So thin you’ll need to think of something else.”

 

 

okamoto写真03
Picture:Screen shot from Mediapost

 

 

つまりは、「「Zero Zero Four」コンドームはとっても薄くて
その気持ちよさが強烈だから、他のことを考えていないと
長くその気持ちよさを楽しめないよ」ということを視聴者に
訴えているのです。

 

 

そこで、行為中に想像すると気持ちが萎えてしまいそうな、
「おばあちゃん」、「きゅうりのスライス」、「近所の
ディスコおじさん」という3つの要素が登場したわけなのです。

 

 

 

今回の広告キャンペーンの予算は10万ドルという低予算。

 

そんな環境下でも、低価格で使用できるストック素材を
Getty ImagesやiStockから引っ張ってくることで制作費を
カットし、クライアントの要望に合わせることができたのだとか。

 

同社がターゲットとした、18~24歳の学生を中心とした男性に、
このユーモラスなメッセージは好意的に受け入れられるのでは
ないかと、アメリカでは話題になっています。

 

 

 

※ニュースソース

※CREATIVITY
http://creativity-online.com/work/okamoto-grandmother/42862

※AD WEEK
http://www.adweek.com/adfreak/these-might-be-first-condom-ads-try-make-you-less-excited-166152

※Agency Spy
http://www.adweek.com/agencyspy/this-condom-campaign-is-guaranteed-to-kill-your-mood/90243
 
※Mediapost
http://www.mediapost.com/publications/article/254856/okamoto-sells-sex-via-grandma-cucumbers.html?edition=84780

LINEで送る
Pocket

メールマガジン

最新記事やイベント・セミナー情報をお届け!

教えて! あなたの

気になるあの人!

採用者にはプレゼントも♪

教える